在籍確認なしでキャッシングできるの?

在籍確認なしでキャッシングしたい

キャッシングをするときには在籍確認という厄介なものがあります。お金を借りることに対して、ちょっと後ろめたい気持ちってありますよね。できることなら誰にも知られずにお金を借りたいという人がほとんどではないでしょうか。

  • 在籍確認なしでキャッシングできないの?
  • どんなことを聞かれるの?
  • 職場にバレずにお金を借りられない?
  • 在籍確認できないと審査落ちする?

このようなキャッシングの在籍確認に関する疑問を解決するために、その仕組について詳しく紹介していきます。会社や家族にバレずにお金を借りる方法を知りたいという人は、ぜひ最後まで目を通してください。

在籍確認なしでキャッシングをする方法

金融機関はキャッシングでお金を貸すときに、「貸したお金を確実に返してくれる」ことの確認をします。貸したお金を返してもらえないと、金融機関も商売になりません。そのため、金融機関は安定した収入があることをチェックします。

そのチェック方法のひとつが在籍確認というわけです。申込の書類に記載された勤務先に本当に勤めているのか、職場に電話をして確認するわけです。それをしなければ嘘の勤務先を記入する人がいるため、金融機関も意地悪くしているわけではありません。

金融機関にしてみれば、他にその会社に所属していることが分かる方法があれば電話での在籍確認をする必要はありません。すべての金融機関で対応しているわけではありませんが、在籍を確認できる書類を提出できれば、確認の電話なしで融資してもらえることもあります。

必要な書類については後ほど説明しますが、審査の申し込みをした後に、「会社への電話はなしにして欲しい」と電話連絡しておけば、状況に応じて書類提出のみの対応をしてもらえることもあります。

ただし、銀行の場合は電話での確認を避けることは難しく、一部の消費者金融でのみ書類での確認で対応してもらえます。どの金融機関なら電話での確認なしで対応してくれるのかについて、次項にまとめました。

大手金融業者各社の在籍確認の有無

大手金融業者の在籍確認の有無を示した一覧は、次のようになっています。

  • プロミス:×
  • アコム:△
  • モビット:◯
  • アイフル:△

モビットのWEB完結なら電話連絡なしでキャッシング可能!

モビットはキャッシングをするときに、ローン申込機や郵便、電話などでも申し込みできるのですが、インターネットを利用したWEB完結で申し込みをすると、書類での確認だけで審査を通すことができます。

ただしWEB完結は、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があり、その口座を貸し付けと返済に利用する必要があります。

確実に職場への電話連絡なしでキャッシングできる金融機関はモビットだけです。どうしても会社に電話してもらいたくない場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を作って、WEB完結できる環境を整えることから始めましょう。

アコムとアイフルは事前連絡で回避可能

アコムとアイフルは原則として会社への電話がありますが、申し込み時に内容確認の電話連絡がありますので、会社への電話を避けてほしいと相談しましょう。そうすることで書類での確認に切り替えてもらえることもあります。

100%回避できるというわけではありませんが、多くの場合は対応してもらえます。

在籍確認なしのキャッシングに必要な書類

電話での在籍確認なしでキャッシングするためには、在籍を確認できる書類の提出が必要です。モビットの場合は下記の書類提出を求められます。

  • 健康保険証の写し
  • 給与明細書の写し

健康保険証の写しは、全国健康保険協会発行のもの、もしくは組合保険証に限ります。保険証だけでは勤務先はわかりませんが、きちんと会社勤めをしている証明にはなります。会社勤めをしていない場合は国民健康保険の健康保険証になり、この場合はもちろん在籍確認には使うことはできません。

給与明細書は直近1ヶ月分のものを提出します。ただし、収入証明書類として給与明細書を利用している場合は、二重に提出する必要はありません。給与明細書には勤務先の会社名が入っていますので、こちらと健康保険証を組み合わせることで在籍をチェックすることができます。

モビット以外のアコムやアイフルでも、同様の書類提出を求められます。この他に源泉徴収票や社員証の写しなど、他の書類で確認するケースもあります。担当者の指示にしたがって必要書類を提出してください。

特殊な書類提出が必要というわけではありませんので、上記の書類は申し込みの段階で用意しておけばスムーズに審査に入ってもらえます。

在籍確認の電話はどんな事を聞かれるの?

在籍確認と聞いて不安になるのは、どんなことを聞かれるのかということですよね。仕事への取り組む姿勢なども確認されるとなると、審査に影響しそうで困るという人もいるはずです。でも安心してください。個人的なことについての質問をされることはありません。

「私◯◯と申しますが、△△さんはいらっしゃいますでしょうか?」

基本的にはこれだけです。電話に出た人がそのまま電話を回してくれることもありますし、外出中なら「現在席を外しております」と答えてくれるはずです。在籍確認はこれで終わりです。そんな簡単でいいの?そう思うかもしれませんが、電話の内容はそれだけです。

個人的な情報に関しては、個人情報保護の観点から会社側が教えることはありませんし、金融業者としても聞くこともありません。キャッシングでの融資可能かどうかは申込内容などから確認をしますので、在籍していることがわかればそれ以上の情報はいりません。

本人につながっても、申み込み時に申請した内容に間違いがないか確認をする。金融業者がすることはこれだけです。必要以上に個人情報について探りを入れられるようなこともありませんので、安心してください。

在籍確認の電話で職場にバレないようにするためには

キャッシングをするときの在籍確認で、会社の人に借り入れすることがバレないかと心配している人もいますが、原則としてバレるようなことはありません。金融業者も、原則として会社名を名乗ることはありません。

不安な場合は、申込内容の電話連絡があったときに、金融機関であることは名乗らずに在籍確認してほしいと伝えましょう。貸金業法によって、お金を借りることを勤務先に伝えることは禁じられていますので、上手に対応してもらえます。

ただし、「私◯◯と申しますが、△△さんはいらっしゃいますでしょうか?」というような内容の電話でも、ベテランの社員であれば、金融業者からの電話であることを悟られてしまうことがあります。こればかりは避けることができません。

金融業者がバラすわけではありませんし、あくまでも電話を受けた人の推測でしかありません。これを避けるには、自分への直通番号に電話してもらい、その電話に自分で確実に出るくらいしかありません。

偽名で電話してもらえば回避できると紹介しているインターネット上の記事もありますが、偽名での連絡は違法ですので、まず対応してもらえません。それでも金融業者は出来るかぎりの協力をしてくれますので、まずは電話で相談するようにしましょう。

なぜ在籍確認が必要なのか

そもそもなぜキャッシングをするのに在籍確認が必要なのでしょうか?お金を借りるのに勤務先は関係ないじゃないかと思うかもしれませんが、キャッシングをするのに勤務先はとても重要な審査項目のひとつです。

たとえば、公務員は失業する可能性が限りなくゼロに近いため、お金を貸す側も確実に回収できる相手として、審査条件を緩くします。反対に中小の零細企業に勤めている場合は、いつ倒産するかわかりませんので、失業するリスクを考えて融資を断ることもあります。

安定した収入が完済まで継続するなら融資を行い、収入が途切れる可能性があるなら融資をしない。これがお金を貸す時の基本的な考え方です。

だったら、「虚偽の申告をすれば審査に通りやすくなるのでは?」ずる賢い人は、審査の仕組みを逆手に取って、無職なのに公務員と名乗ってお金を借りようとします。申請書類を鵜呑みにすると、無職の人に対して「公務員だから安心」と融資をしてしまい、その結果、回収できなくて困ってしまうということが発生します。

そのような事態を回避するために電話での確認を行います。職場への電話連絡があるとわかれば、申し込み時に虚偽の申告をすることはなくなります。金融業者が安心して融資をするために、在籍確認を行っています。

家族や会社にバレないようにするためには

金融業者はお金を貸し付けするということを、本人以外に伝えることはありません。家族や会社にバレてしまうのは、本人の不審な行動や、契約書類などが他の人の目に触れることによって、周りの人が偶然知ってしまうというのが、バレてしまう原因です。

会社に絶対に知られたくない場合

  • 在籍確認のない金融業者を利用する
  • ローンカードを見られないようにする

家族に知られたくない場合

  • WEB完結で書類が残らない金融業者を利用する
  • 利用明細書の発行されない金融業者を選ぶ
  • パソコンのメールなどを見られないようにする
  • ローンカードを見られないようにする

一番バレてしまいやすいのは、財布の中にあるローンカードの存在です。キャッシングの場合、ほとんどのケースでカードが発行されます。そのカードが財布の中にあると、支払のタイミングなどでキャッシングがバレてしまいます。

ローンカードは誰にも見られない場所に保管しておくか、財布の中でも見られにくい場所に入れておきましょう。

また、紙媒体で残るものが周りにバレてしまう要因のひとつです。申し込みは必ずインターネットから行いましょう。また利用明細書が家に送られてくる金融業者は避けるようにしてください。利用明細書が家に送られてくる場合は、100%家族にバレてしまいます。

パソコンを家族共有にしていると、メールを他の家族に見られる可能性もあります。キャッシングの申し込みはスマホで行い、そのスマホでだけ受け取れるメールの設定を行っておきましょう。

そもそも在籍確認とは?

キャッシングの在籍確認の必要性や、バレないためのお金の借り方は理解できたかと思いますが、ここではもう少し基本的な考え方について説明しておきます。

在籍確認と審査結果の関係

ほとんどの金融業者が勤務先に電話をするのですが、そこで在籍していることを確認できなかった場合は、審査落ちするのでしょうか?審査に対して、どれくらい影響を与えるのでしょう。

金融業者によっては電話での確認ができなかった時点で審査落ちとされることもありますが、基本的には書類での確認に切り替えてもらえます。金融機関としても在籍を証明できれば、電話での確認にこだわるわけではありません。

電話での確認は100%行われるわけではない

キャッシングをするときには、在籍確認が避けられないと思っているかもしれませんが、実は100%電話での確認が行われるというわけではありません。金融業者が必要だと感じたときにだけ電話で確認を行います。

たとえば少額融資の場合は審査基準が緩くなり、電話での確認の手間を省くことがあります。融資をする上で、金融業者のリスクがそれほど高くない場合、確認の電話なしで融資を受けられることもあるのだと覚えておきましょう。

偽装会社を使っての在籍確認はNG

世の中には偽装会社というものがあり、お金を支払えば、そこに在籍していることにしてもらえます。勤務先にバレたくないという人や、無職の人などが利用するのですが、これらの会社を利用しての申し込みは絶対に避けてください。

金融業者は、この偽装会社に関する情報を共有しています。すべての偽装会社を把握しているわけではありませんが、ほとんどがデータベース化されていますので、まず間違いなくバレてしまいます。

バレてしまうと、意図的に虚偽の申告をした人として、大きなペナルティが課されてしまいます。まず詐欺未遂罪、もしくは詐欺罪で訴えられる可能性があり、審査はもちろん通りません。

仮に借りることができても、その後に発覚すると強制解約させられ、一括返済を求められます。それだけでなく、無期限でのブラックリスト入りすることもあります。

この他に、偽装会社を利用する人として、その個人情報がヤミ金業者などに広まってしまう可能性もあります。偽装会社を利用したら、マルチ商法への誘いが増えたというようなこともあります。偽装会社を利用することはリスクが高すぎるということを認識しておきましょう。

まとめ

在籍確認の電話に対して必要以上に警戒している人が多いのですが、実際には会社への電話だけでキャッシングがバレてしまう可能性はほとんどありません。ただし、絶対にバレないというわけではありませんので、確実に秘密にしたい場合は電話での確認がない金融業者を利用しましょう。

モビットのWEB完結であれば電話確認なしで借りれます。その他にも申込内容の確認のため、電話連絡があったときに「職場に電話をしてほしくない」と伝えることで、書類での確認に切り替えてもらえることもあります。職場に絶対にバレたくない場合は相談してみましょう。

職場だけでなく、家族にもバレないようにするには、利用明細書などの紙媒体が家に送られてこない金融業者を利用しましょう。金融業者が家族や会社に、お金を借りていることを直接バラすことはありませんが、郵便物などから発覚することがよくあります。 ローンカードの存在も少し厄介です。ローンカードは誰にも見られない場所に保管するか、財布の中でも他の人には絶対に見られない場所に入れておきましょう。

ページの先頭へ