SMBCモビットのキャッシングは電話なし?

消費者金融や銀行のカードローンの申込は非常にスピーディですが、電話連絡があることが短所です。勤務先や自宅にはできるだけ電話をしてほしくない、と考えている方は多いでしょう。


そんな方におすすめしたいのが三井住友銀行グループのSMBCモビット。所定の書類を用意すれば在籍確認の電話を省略できます。しかもweb完結なら自宅などへの電話も一切ナシ。今回はSMBCモビットの詳しい内容や審査基準などについて説明します。


SMBCモビットのキャッシングはカードローン形式

SMBCモビットと契約をすると、ATMでお金をキャッシングしたり返済したりできる専用のカードが発行されます。ここではお金を借りることを「キャッシング」という言葉で表していますが、商品の内容は銀行などのカードローンと同じです。


SMBCモビットのキャッシングはどのようなもの?

では実際にSMBCモビットのキャッシングがどのような商品なのか、詳しく確認をしていきましょう。


限度額

1万円~800万円


利用可能額は審査によって決定します。契約後も返済の状況や他社利用金額によって限度額が変わることがあります。


金利

年3.0~18.0%


利率は一日ごとの計算になります。入会金や年会費などはかかりません。


無利息期間はある?

SMBCモビットのキャッシングには、無利息期間はありません。


申込方法

SMBCモビットの申込方法は様々です。お急ぎの方はネットから申込後にフリーコールに電話するとスピーディに手続きができます。


インターネット(パソコン・携帯電話・スマホ)

最短30分で審査が完了します。パソコンやスマホで申込をする場合はweb完結申込を選べます。


郵送

ローン申込機や三井住友銀行の店舗に入会申込書が置かれています。銀行の窓口では申込ができません。必要事項を記入し、必要な書類を同封して郵送しましょう。電話で申込書を取り寄せることもできます。


電話

SMBCモビットコールセンターの申込フリーコールでは、9時から21時まで新規契約の受付をしています。


ローン申込機

SMBCモビットカードのローン申込機、または三井住友銀行の店舗内に備え付けてあるローン契約機で申込ができます。


申し込み条件

SMBCモビットの申込条件については、ホームページに以下のような記載があります。

  • 20歳以上69歳以下で、安定した定期収入がある方
  • アルバイト、パート、派遣社員、自営業可

アルバイト等でもOKであることが明記されているため、雇用形態による制限はないことが分かります。本人に安定した定期的な収入があるか?が焦点ですので、仕事をしていない専業主婦の方は申込ができません。パートをしていれば申込OKです。


条件を確認した後は、実際の申込ですね。次の項目では、実際に申込をしてから契約をするまでの流れを確認していきましょう。


キャッシングローンの契約までの流れは?

キャッシングができるようになるまでの流れは、大まかに言うと「1.申込、2.審査、3.カード発行、4.キャッシング、5.書類返送」となります。それぞれの項目について詳しく解説をしていきます。


1.申込

パソコンやスマホ、携帯電話、郵送、電話、SMBCモビットもしくは三井住友銀行のローン申込機より申込ができます。


パソコンやスマホから申込をする場合は、10秒で簡単な審査の結果が表示されます。また、電話連絡や郵送物なしで契約が完了する「web完結申込」を選ぶこともできます。


スマホからの文字入力が苦手な方は、簡単な情報を入力した後にフリーダイヤルに電話をし、残りの項目を申告する方法をおすすめします。携帯電話からの申込は、web完結に対応していません。


2.審査

ネット申込の場合はメールか電話で、郵送や電話の場合は電話で審査結果の連絡があります。審査は最短30分で終了します。ローン申込機からの申込の場合は、申込後の簡易審査完了後(5分程度)にカードを発行し、その後の審査となります。


3.カード発行

ローン申込機や三井住友銀行のローン契約機の場合は、本審査より先にカードをその場で受け取れます。使えるのは当然審査の後ですが、カード受け取りの手間を省くことができます。それ以外の場合は郵送もしくは各種ローン申込機でカードを受け取れます。パソコンやスマホからの申込でweb完結を選んだ場合はカードの発行がありません。


4.キャッシング

審査が完了しカードを受け取った後、すぐに提携ATMなどでキャッシングができるようになります。


5.書類返送

入会申込書や契約内容確認書などが同封された書類が「MCセンター」名で送られてきますので、内容を確認し必要事項を記入した上で返送をしてください。書類が確認でき次第手続き完了となります。web完結の場合、郵送される書類はありません。


SMBCモビットは申込方法によって若干流れが違います。ローン申込機で申し込んだ場合は、仮の審査を行ってその場でカードを発行した後、電話で審査結果の連絡が入ります。web完結以外の申込では書類が発送される点にも注意しましょう。


実際にキャッシングをする方法は?

契約ができたらいよいよキャッシングです。借入方法は大きく分けて「振込キャッシング」「提携ATM」の2通りです。


振込キャッシング

ホームページの会員専用サービス、もしくは電話で振込手続きができます。


提携ATM

三井住友銀行のATMからは手数料無料でキャッシングができます。他にもセブン銀行やE-net、ローソンATMなどの各種コンビニATM、イオン銀行、プロミス、三菱UFJ銀行などのATMを利用できます。


また、スマートフォンにSMBCモビットアプリをダウンロードすると、カードがなくてもセブン銀行のATMよりいつでもキャッシングや返済ができます。アプリは生体認証にも対応していますので、セキュリティ面も安心です。


次の項目では、キャッシング後の返済方法について詳しく見ていきましょう。


実際の返済方法はどうなっているの?

SMBCモビットは一ヶ月に一回、借入後の残高に応じた金額を返します。返済日は5日・15日・25日・月末から選べます。追加返済はいつでも好きな時に可能です。


返済方法もキャッシング同様、大きく分けると「提携ATM」と「口座振替」の2種類の方法があります。


提携ATM

キャッシングの項で紹介したATMが返済でも利用できます。また、コンビニに設置されているマルチメディア端末(FamiポートやLoppi)からも返済手続きができます。端末を操作し、出力されたレシートをレジに提示して支払いを行います。


口座振替

三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行の口座を持っている方は、自動引落での返済を選べます。web完結の場合はゆうちょ銀行もOKです。また、金融期間から指定の預金口座に振込をすることでの返済もできます。振込手数料は自己負担です。


SMBCモビットは土日にキャッシングができる?

土日や深夜に急にお金が必要になったときはどうしますか?SMBCモビットは土日でもスピーディにキャッシングができることで有名です。既に契約をしている場合としていない場合に分けて、土日にキャッシングをする手順を説明します。


すでにカードを持っている場合は

キャッシングの方法は振込と提携ATMの2種類がありますが、土日にキャッシングをしたい場合は提携ATMをおすすめします。振込はネットや電話からいつでも申込ができるのですが、振込が反映されるのが翌営業日になるためです。


コンビニATMは土日祝日もほぼ24時間キャッシング可能です。三井住友銀行のATMを利用すると手数料がかかりませんし、土曜は夜の24時まで、日曜は21時までキャッシングができます。(店舗によって営業時間が一部異なります)


まだカードを持っていない場合は?

SMBCモビットで契約をしていない方は申込手続きをする必要があります。ホームページから申込後にフリーコールに電話をすると最短30分で審査をしてもらえます。フリーコールの受付時間は9時~21時ですので、間に合うように申込をしましょう。審査に通ったあとはローン契約機でカードを受け取れます。


直接ローン契約機に来店すると、最短で5分でカードが発行され、その後に審査という流れになります。ローン契約機は店舗によって営業時間が異なり、土日は営業していない場合もあります。前もってホームページで確認をしましょう。


☆在籍確認ができなくてもキャッシングができる

消費者金融などでキャッシングを受ける場合は、勤務先に実際に勤めているかを電話で確認する「在籍確認」が不可欠です。そのため土日などに申込をすると、勤務先が休みで在籍確認ができない…という例があります。


しかし、SMBCモビットのweb申込の場合、社会保険証(全国健康保険組合が発行しているもの)・もしくは組合保険証、直近の給与明細の写しを提出すると、在籍確認を省略することができます。ただし審査の状況によっては在籍確認が必要となるケースもあります。


審査基準はどうなっているの?

キャッシング方法や返済方法を知った後に気になるのは審査条件です。SMBCモビットの審査傾向を以下にまとめました。


消費者金融よりも少し厳しいとされている

SMBCモビットは消費者金融ですが、審査は他の消費者金融よりも少し厳しいといわれています。具体的な基準は明らかになっていませんが、他社借入が3~4件以上あると審査に落ちる可能性が高くなるようです。


その理由として、Web完結を選択すると在籍確認なしで融資可能である点が上げられます。他の消費者金融は電話での在籍確認が必須ですが、SMBCモビットはWeb完結で申し込み、所定の書類を提出すれば在籍確認が免除されます。そのためどうしても審査に慎重にならざるを得ないのです。


SMBCモビットは総量規制の対象であることに注意!

SMBCモビットは銀行ではなく消費者金融ですので、総量規制の対象となります。そのため他の消費者金融を含む借入金額の合計が年収の3分の1を超えているとキャッシングができません。


金融ブラックは当然審査NG

SMBCモビットは審査の際に顧客の個人信用情報を参照します。そのため信用情報に事故情報(ブラック情報)が登録されている場合は審査に落ちます。代位弁済や債務整理、破産、長期延滞などが当てはまります。


情報が登録されてから最長で5年~10年経過すれば事故情報は消えるので、その後なら審査に通る可能性があります。


虚偽申告をすると融資が取り消しになる

SMBCモビットに限ったことではありませんが、嘘や間違いの情報を申告すると、それが判明した時点で審査が取り消しになる場合があります。そのため、申込の場合は必ず正確な情報を入力してください。


SMBCモビットのホームページには「10秒で簡易審査結果表示」と記載された申込画面があります。消費者金融のホームページによくある「借入判断シミュレーション」と勘違いしがちですが、これは正式な審査申込となります。どうせシュミレーションだから、と生年月日などを適当に入力しないように注意しましょう。


SMBCモビットはこんな方におすすめ!

これまででSMBCモビットの特徴について述べてきました。それを踏まえて、SMBCがどんな人におすすめなのかをまとめました。


在籍確認の電話が嫌な方

SMBCモビットの大きな特徴の一つは、Web完結で申し込めば職場への在籍確認の電話を免除できることです。代わりに社会保険証か組合保険証、給与明細を提示する必要がありますが、職場に電話がかかってくることが嫌でキャッシングができなかった人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。


消費者金融のATMや契約機に抵抗がある方

キャッシングは一般的な存在になりつつありますが、それでも消費者金融のATMや申込機を使うところは見られたくない…という方もいるでしょう。そのような方におすすめなのがSMBCモビット。三井住友銀行のATMを手数料無料で利用できます。


さらに、三井住友銀行に設置されているローン契約機から申込ができ、最短5分でカードを受け取れます。申込をしているところを知り合いに見られる可能性が低い上、消費者金融の申込とバレません。


まとめ

SMBCモビットの特徴をまとめると、以下の通りです。

  • Web完結で申し込み、書類を用意すれば在籍確認を省略できる
  • 「無利息期間がない」などのデメリットも

消費者金融やカードローンに不可欠な勤務先への連絡(在籍確認)を省略できるのがSMBCモビットの大きな特徴です。web完結を選択すると自宅への電話連絡もないので、電話が嫌でキャッシングを迷っていた方にとっては非常にぴったりのキャッシングといえます。


しかしその分デメリットもあります。大手消費者金融は無利息期間がありますが、SMBCモビットにはありません。金利も上限18%と、同じ三井住友銀行系列のプロミス(17.8%)より若干高め。


在籍確認がないことは魅力ではありますが、デメリットも考慮したうえで利用することをオススメします。

ページの先頭へ