キャッシングの借り換えのタイミング

お金を借りたい時には、銀行や消費者金融などのカードローンによるキャッシングがとても便利です。気軽に借りれるため、気づけば借金の総額がかなり高額になってしまっていることもあります。そこで、キャッシングの借入額が増えてしまった場合、もっと低金利のローンへの借り換えを検討しましょう。

低金利ローンに借り換えることで利息を減らすことができます。そもそも借り入れした元本(借り入れ額)を無条件で減らすことはできません。返済金額を減らすには利息額を減らすことに注目する必要があります。

キャッシングを借り換えするには条件やタイミングを見計らうことが重要です。例えば、下記のようなタイミングがチャンスです。

  • 利息制限法に基づくタイミング
  • 無利息期間終了に基づくタイミング

まず、利息制限法に基づくタイミングについて説明する前に利息制限法について知っておきましょう。利息制限法は、下記のように借入額の段階によって上限金利が設定されています。

  • 10万円未満の借り入れの場合、年率20%が上限金利
  • 10万円以上~100万円未満の借り入れの場合、年率18%が上限金利
  • 100万円以上の借り入れの場合、 年率15%が上限金利

以上のように借入額によって上限金利が具体的に法律で定められています。例えば、50万円借り入れしている金融業者が、金利18.1%で利息を請求することはルール違反です。ここまでの説明で、借り換えで無条件に金利を下げるヒントが隠されています。

例えば、複数の金融機関からそれぞれ数十万円のキャッシングをしている場合、金利18%が相場です。複数社からの借り入れ総額が100万円以上になった場合、そのときこそが借り換えを考えるタイミングです。まとめて1社から100万円の借り入れをすれば、利息制限法に基づき“無条件で15%以下の金利”に引き下げることが可能です。

次に、無利息期間終了に基づくタイミングに注目しましょう。大手の消費者金融では顧客獲得の一環として【30日間無利息サービス】を行う金融業者が見られます。タダより安いものはないので有効に活用すべきですが、30日が経過すると金利が18%に上がってしまう可能性があります。その前に借り換えを検討するのがベストタイミングです。

ただし、消費者金融から銀行のカードローンへの借り換えの場合、審査が通りにくい可能性があります。特に消費者金融に契約してすぐの場合、より審査が厳しくなります。そこで金融業者によっても異なりますが、契約から半年以上経ってから申込めば、審査が寛容になる可能性があります。高い金利をしばらく払い続けるのはもったいないですが、まずは審査に通過できなければ意味がないため、そのタイミングをじっと待つことも重要です。

また、同じ銀行のローンでも“おまとめローン”という複数の金融機関からの一本化を目的に発行されたローンがあります。このローンであれば、消費者金融を含めたカードローンの借り換えも対象なのでおすすめです。

次に、メリットについて考えてみましょう。

借り換えのメリット

借り換えする代表的なメリットをいくつか解説しましょう。

  • 金利が安くなり利息額を減らすことができる
  • 月々の返済額の見直し
  • 返済日の一本化

借り換えと言っても、高金利で借りている1社から低金利な1社に変えることなのか、複数の金融機関から借りているお金を1社にまとめるのかに分かれます。まず、金利が安くなり利息額を減らすことができることは、どこで借り換えても得られるメリットです。利息を減らすことができれば早期返済が可能です。

以下の2つは、複数の金融機関から1社に借り換える際のメリットです。

ひとつ目には【月々の返済額の見直し】があります。銀行や消費者金融のキャッシングでのそれぞれの返済額は少額でも、借り入れする金融業者が増えるにつれ月々の返済が厳しくなります。そこで、借り換えによって月々の返済額を無理のない金額に組み直すことが可能です。

もうひとつは「返済日の一本化」です。複数の金融機関の借り入れの場合、月に何度も返済日が訪れます。しかも返済方法がマチマチなので管理がとても大変です。場合によっては返済に穴を空けてしまうこともあります。ひとつにまとめることができれば、返済日が月に1回になるので管理がとてもラクです。また、返済遅延の防止策としても有効です。

キャッシングで借り換えをするなら重視しなければいけない点

借り換えするということは、新しい返済プランを組まなくてはいけません。その際に注意が必要です。なぜなら、金利が安くなっても利息額が増えてしまうことがあるためです。基本的に、金利が安くなれば利息額を減らすことができます。ただし、同じ返済期間の場合です。返済期間を長くしてしまうと利息額は比例して増えてしまいます。返済期間が長くならないためには、月々の返済額を過剰に少なくしないということです。

複数の金融機関への返済に追われる日々から抜け出すために、月々の返済額をできるだけ少なくしようとする傾向があります。月々の返済額を減らし、ゆとりのある生活を送るのは願ってもないことです。しかし、借り換えする前よりも条件が悪くなってしまっては意味がありません。

わかりやすい例にすると、100万円を借りていて毎月10万円を返せば10ヶ月で返済が終わります。払う利息は10ヶ月分です。しかし、毎月1万円の返済だと完済まで100ヶ月かかってしまいます。どんなに低金利なローンであっても100ヶ月も利息を払い続けるとするならば相当な金額になってしまいます。

中には、複数の金融機関からの借金を低金利ローンにひとつにまとめることでトクした気分になってしまうことがあります。つまり、借り換えする前よりも利息が高くなってしまったことに気付かないケースも少なくありません。予め返済シミュレーションや店頭などで利息額が減っているかどうかを確認し、納得してからローンに申し込みましょう。ただし、利息額が増えてしまうことを了解した上で、そのことよりもゆとりのある生活を優先にしたいという考えの方でしたら問題ありません。

借り換えにおすすめキャッシング紹介

借り換えにおすすめのキャッシング(カードローン)を何社かご紹介しましょう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行は三大メガバンクのひとつです。三井住友銀行のカードローンキャッシングは、大手でありながら即日融資も可能なスピーディー対応が魅力です。

利用可能な方は以下の通りです。

  • 申込み時の年齢が、満20歳以上満69歳以下の方
  • 安定した収入のある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

金利:年4.0〜14.5%
最大利用限度額:800万円

主な金利設定は、限度額が100万円以下なら年12.0~14.5%、100万円超200万円以下なら年10.0~12.0%が適用されます。

申し込み方法は、インターネット、携帯電話(モバイル)、電話、郵送、窓口の他、ローン契約機(ACM)での申し込みも可能です。ローン契約機なら人と対面せずにその場でローンカードを受け取ることも可能です。普通預金口座およびキャッシュカードを持っている方ならWEB完結での融資が可能です。ローンカードがなくともキャッシュカードで利用することも可能です。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行のカードローンキャッシングは、金利、審査、限度額などを含め、トータル的に「この銀行なら間違いない」と評価する人も少なくありません。

利用条件は下記の通りです。

  • 申し込み時の年齢が、満20歳以上69歳未満の方
  • 毎月安定した収入のある方
  • 日本国内に在住の方
  • 保証会社の保証が受けられる方

上記全ての条件を満たした方が利用可能です。正社員に限らず、安定した収入が見込める方でしたら派遣社員、契約社員、パート、アルバイトの方も利用可能です。

金利:1.7~17.8%
最大利用限度額:800万円

金利は、100万円未満の限度額で12.0%~17.8%、100万円超150万円以下で6.0%~14.8%、150万円~300万円で5.0%~12.8%となっています。最大利用限度額は800万円と高額融資に対応しています。借り入れ方法は2種類、自分の口座に振り込んでもらう方法と、提携ATMから引き出す方法があります。ATM手数料は無料で利用できるので重宝します。

また、オリックス銀行の醍醐味のひとつが“即時振込サービス”です。借り入れ方法を口座への振込にした場合、振込先をジャパンネット銀行に指定すれば、即時振り込みが可能です。土日も含めて24時間365日利用できるので、月曜の引き落としに間に合わせたい時や、至急お金が必要になった場合に大変便利です。

楽天銀行カードローン

楽天銀行のカードローンキャッシングである“楽天スーパーローン”。楽天銀行は店舗がないのでネットからいつでも申し込み可能、融資までが自宅で完結してしまう便利なキャッシングです。

利用可能な方は以下の通りです。

  • 満20歳以上62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方
  • 勤め先がある方で毎月安定した定期収入のある方
  • 保証会社の保証を受けることができる方

安定収入のある方なら主婦、パート、アルバイト、学生の方でも利用可能です。ただし、学生の場合は満20歳以上であることが条件です。

金利:年 1.9~14.5%
最大利用限度額:800万円

利用に応じて楽天スーパーポイントもたまります。最近では楽天市場の購入だけでなく、ファーストフードなどさまざまな支払いに対応しているので使い勝手の良いポイントです。コンビニATMの手数料は無料です。また、楽天銀行の口座を開設しなくとも既存の他行の普通預金口座への振込も可能です。

横浜銀行カードローン

横浜銀行のカードローンキャッシングは、あらゆるスペックで他の地方銀行を上回ると評判です。ただし、地方銀行の特徴でもありますが、営業エリアに住まいか勤務先があることが利用条件です。

利用可能者は下記の通りです。

  • 契約時の年齢が、満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方、およびその配偶者
  • 営業エリア内にお住まいや勤務先がある方
  • 保証会社の保証が受けられる方

本人もしくは配偶者に安定した収入があれば、パート、アルバイトの方も利用可能です。ただし、学生の方は利用できません。

金利:年1.9%~14.6%
最大利用限度額:1000万円

最大利用限度額1,000万円は、他社と比較しても高い設定です。金利は100万円以下の限度額の場合14.6%です。さらに限度額が100万円を超えると、金利は11.8%に下がります。また、横浜銀行の口座を持っていれば最短即日融資も可能です。

アイフルカードローン

大手消費者金融のひとつアイフルのカードローンキャッシングは、来店不要で即日融資も可能という便利さに人気が集まります。

利用可能な方は以下の通りです。

  • 20歳以上69歳以下の方
  • 安定収入のある方

金利:4.5%~18.0%
最大利用限度額:500万円

審査回答まで最短30分とスピーディー対応です。融資を急ぐ場合、インターネットの申し込み後に電話から急ぎである旨を伝えることで審査時間が短縮されます。初回利用の場合、“30日間無利息サービス”を実施しています。無人契約でんわBOX“てまいらず”の利用で、すぐにローンカードを受け取ることが可能です。

なかなか来店できない場合は、宅配サービス“配達時間えらべーる”が利用できます。このサービスを活用すれば、家族のいない時間に受け取りを指定することも可能です。また、複数の金融機関からのおまとめには総量規制の対象外となる“かりかえMAX”がおすすめです。

※総量規制:個人の貸し付けを年収1/3以上行ってはいけないという法律。貸金業者向けに発足されたものなので銀行のローンは対象外。また、消費者金融でもおまとめローンに特化したものであれば対象外。

借り換えの際の審査基準

借り換えの際にまず注意しなくてはいけないポイントは、各金融業者で公表している利用条件に自分が当てはまっているかどうかということです。中には、それを確認せずに金利と限度額だけをみて安易に申し込んでしまう方も少なくありません。その場合、審査する以前に門前払いとなるケースがあります。「そのくらい大したことない、数当たればそのうち審査に通過するだろう」という考えは今すぐに捨てましょう。

門前払いで審査を受けることすらできなかった場合でも、申込み記録が個人信用情報機関(CICなど)に残ります。すると、後の審査に悪影響します。なぜ悪影響かと言えば、あまり短期間に複数のローンに申し込んでしまうと、「よほどお金に困っている返済能力に欠ける人物かもしれない」と見なされてしまうからです。金融業者によっても基準は異なりますが、1か月内に4社以上の申し込み履歴が確認されるとキケンです。その時点で審査落ちと判断されてしまう可能性があります。

また、利用条件に“安定した収入がある方”という項目が各社で目立ちます。これは、安定した収入があればそれだけでいいわけではありません。また、高額収入であればいいわけでもありません。金融業者によっても判断基準はマチマチですが、“年間支払額”が年収の30%をすでに超えている場合、これ以上の融資は無理と判断される場合があります。ちなみに年間返済額は、クレジットカード、カードローン、住宅ローンなどの返済すべてが関わります。

つまり、年収が少なくとも毎月の返済額をきちんと支払える見込みがあるかどうかが、審査通過の“カギ”となります。年収が少ないことで、カードローンの申し込みに足踏みしてしまっている方も十分チャンスはあります。

借り換える際の注意点

キャッシングを借り換える際には、金利の安いことをメインに考えがちです。しかし、後々のことを考慮すれば、安心できる金融機関かどうかが大きなポイントです。金利と安心面の両方を持ち備えている金融機関で、もっとも頼りになるのが銀行、その次に消費者金融が挙げられます。

銀行のキャッシング審査に通過しなかった場合、消費者金融からのキャッシングを考えましょう。銀行であればどの金融業者でも信用をもって安心して申し込むことができます。それに対し、消費者金融の場合は少し慎重に取り組む必要があります。

消費者金融は、その昔“サラ金”とも言われていました。簡単に個人に多額を貸し出し、高い利息を請求するというイメージが定着した時代です。そこで利息制限法や総量規制(そうりょうきせい)など、個人融資の見直し改革が国の対策をもって実行されました。それによって、消費者金融のイメージは優良企業へと変化を遂げました。しかし、法律で守られているとはいえ、手放しで安心できるとは言えません。その証拠に、ここ数年でも違法行為で検挙された貸金業者が年間数百件にのぼることも事実にあります。

そこで、消費者金融の中でも銀行とタイアップした“銀行系キャッシング”を選択する方法があります。たとえば、プロミスは三井住友銀行、アコムは三菱東京UFJ銀行がそれぞれ提携しているので経営的にも安心です。それに加え、無謀な請求をされることももちろんありません。

ただし、大手消費者金融の審査にも通過できなかった場合、名前の知られていない消費者金融にお金を借りることも検討しなくてはいけません。中には、優良企業かどうか自己判断では難しい場合もあります。しかし、もし行き場を失ったとしても“債務整理(さいむせいり)”という方法が残されています。詳しくは次の項で解説します。

借り換えができなかったら

複数の金融機関から借金をしている方で、銀行や消費者金融の【おまとめローン、フリーローン、カードローン】などの審査になかなか通過できなかったという方も少なくありません。そんな中、日々訪れる返済日の支払いに限界を感じているようなら“債務整理”を検討しましょう。

債務整理とは、弁護士などを通じて債権者(借り入れしている金融業者)と交渉してもらう方法です。これによって借金を減額してもらったり、支払い期日を待ってもらうなどの改善を得ることができます。

債務整理と言ってもいくつかの種類があります。

  • 特定調停
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い金の請求

一般的に“自己破産”という言葉をよく耳にするかと思いますが、これも債務整理のひとつです。もちろん弁護士などに頼らず、自ら債権者に交渉することは可能です。しかし、専門家に依頼するのが賢い選択でしょう。

また、“過払い金請求”に関してですが、以前は請求をした時点でその後の借り入れが困難となる場合がありました。しかし、法の改正によって過払い金の請求で債務整理とする(ブラックリストに載る)ことはなくなりました。ただし、請求後に債務残が残った場合、ブラックリストに載ってしまうので、緻密な事前確認が要されます。過払い金請求に関しても専門家にお願いするのがおすすめです。

まとめ

キャッシングの借り換えについて解説しました。大まかに重要ポイントをまとめてみましょう。

  • 100万円以上の借金になったときが借り換えを検討するタイミング
  • 利息額を減らし、月々の返済額を減らし、支払いの一本化がおすすめ
  • 返済プランを間違えると借り換え前よりも損をしてしまう

キャッシングの借り換えで注意しなくてはいけないのが、借り換えをすれば必ず金利が安くなるというものではないということです。現在借り入れしている金利よりも好条件(低金利)なものを探索することからすべてが始まります。

おまとめ利用の場合、高額融資が必要とされます。すると金利の安さや会社の信用だけでなく、高額融資が問われる“総量規制”についても把握しておくべきです。そこで下記のような順番にローンを検討するのがおすすめです。

  1. 銀行のおまとめローン(フリーローン)
  2. 消費者金融のおまとめローン
  3. 銀行のカードローン・・・「ここまでが総量規制対象外」
  4. 消費者金融(銀行系キャッシング)のカードローン
  5. 消費者金融のカードローン

このような順番でキャッシングの借り換えを検討するのがいいでしょう。ちなみに、3番までが“総量規制対象外”です。最終的に借り入れする手段が見つからなかった場合、債務整理という手段が残されています。

債務処理は、一般的に言われる“ブラックリストに載る”という状態のことです。そのため、裁判のイメージや人生の破滅のようなイメージがある方も少なくないでしょう。しかし、意外と流れは事務的です。人生を変えたいという志次第では大変有意義な方法です。

もちろん、あとあとのデメリットがあることも否めません。しかし、債務処理をきっかけに立ち直った人もたくさんいます。借金生活にひとりで悩まず、人生をやり直す道が残されていることを覚えておきましょう。

ページの先頭へ