キャッシングを利用すると信用情報に傷が付くのか?

キャッシングと信用情報

一般的にいう『キャッシング』には、大きく分けて2種類あります。ひとつは、クレジット会社が発行する「クレジットカードキャッシング」、もうひとつは銀行や消費者金融が発行する「カードローンキャッシング」です。

中には、キャッシングに抵抗がある方も少なくないでしょう。たとえば、キャッシングしただけで信用情報に傷がつき、「その後に“自動車ローン”や“住宅ローン”などに申し込んでも審査に通過しにくくなるのではないか?」という疑問もよく耳にします。結論から言って、キャッシングしただけで信用情報に傷が付くことはありません。

キャッシングをした利用履歴は必ず信用情報に残ります。この利用履歴をどう審査に活かすかは金融機関によってもマチマチです。つまり、キャッシングしたこと自体がローンなどの審査に落ちてしまう確実な原因にはなりません。

ここで、キャッシングの履歴に対して審査する側がどのような判断をしているのかいくつかの傾向を取り上げてみます。

  • 過去に金融事故などのトラブルがあった場合、ほぼ審査に通過しにくくなる
  • キャッシング利用者の中でも、完済した人よりも返済が残っている人の方が不利
  • クレジットカードや消費者金融からキャッシングによって借り入れしている人は、複数の借金を抱え込んでいる傾向があると判断される
  • 完済済みの場合でも、住宅ローンの申し込みを有利にするため急いで完済したと判断された場合には審査が不利
  • 完済済みの場合でも、キャッシングの目的が生活費のためと判断された場合は審査に不利
  • 完済済みでも、信用情報に不利となる履歴が残っていれば審査通過は難しい

これらの履歴などを元に、それぞれの金融機関が独自の審査で融資可能かどうかを決めています。これらの傾向から学ぶなら、なるべく銀行からのカードローンキャッシングを心がけ、とくに高額融資のローンの場合、キャッシングをすべて完済してから申し込むことが重要です。さらに、もっと審査を有利にしたいのなら、完済済みのクレジットカードやカードローンを解約することでプラス評価となります。

また、余談ですがクレジットカードのショッピング枠を現金化することは原則として違法とされています。これが発覚した場合、クレジットカードの強制解約となり一発で信用情報に傷をつけてしまいます。インターネットや雑誌などの広告で「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」などの言葉はとても危険です。犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、安易に乗らないように注意しましょう。

キャッシングと信用情報の関係

キャッシングとはひとことで言って、金融機関からお金(現金)を借りることです。各金融機関で設置するATMをはじめ、コンビニのATMの提携拡大などで全国どこからでも容易にお金を引き出すことができるようになりました。キャッシングを利用するには、クレジットカードやカードローンのローンカードなどの発行が必要です。

カードを発行するには、原則として無担保でもOKです。ちなみに、担保とはお金を借りる際にそれとひきかえに差し出す物品のことです。金融機関は慈善事業ではありません。担保が不要なことに対し、それ相応の条件が必要とされます。そこで判断基準とされる条件が、個人の信用情報です。「返済能力がある信用できる人間かどうか?」を、ある基準を元に見極められます。つまり、担保の代わりとなるものが信用情報なのです。

この信用情報の記録に、過去になんらかしらの金融トラブルが発覚された場合、お金を貸し出すべき人間ではないと判断されてしまいます。たとえば、クレジットカードで商品を購入したり現金をATMからおろすこと、銀行や消費者金融などの金融機関から融資を受けること、これらが困難になります。

何をすると信用情報に傷が付くのか?

キャッシングするだけで信用情報に傷が付かないことは前述しました。では、どのようなことをしてしまうと信用情報に傷がつくのでしょうか?一般的な3つの理由を取り上げてみます。

返済遅延によるもの、申し込みブラックによるもの、そして携帯ブラックによるものです。では、ひとつずつ解説します。

返済遅延

クレジットカードやローンカードによってキャッシングをした場合、返済日が指定されます(もしくは、自分で返済日を指定します)。この返済日から2~3か月入金されなかった場合、返済遅延として信用情報に記録が残り金融トラブル(金融事故)として傷がついてしまいます。

申し込みブラック

意外と知られていないのが、“申込みブラック”と言われるものです。申込みブラックとは、ある短期間内に複数のクレジットカードやカードローンの申込みをした場合、信用情報に傷がついてしまう状態のことを言います。なぜ、複数のカードに申し込んだだけで信用情報に傷がついてしまうのでしょうか?

短期間にいくつものクレジットカードやカードローンに申し込んだ履歴は、“希望限度枠が承諾されなかったから、複数の金融機関からお金をかき集めている”と解釈されてしまいます。たくさんの金融機関からお金を借りていると、自分の会社への返済を優先にしてもらえるのか?という疑問持たれてしまいます。

ちなみに、申し込みブラックは、1か月以内に4件以上の申し込みが信用情報によって確認された場合とされています。

携帯ブラック

もうひとつあまり知られていないのが“携帯ブラック”です。これは、携帯やスマホなどの「本体」が高額になり、分割支払いが主流となりました。この分割払いはローンのひとつとされ、もし返済遅延が生じれば、個人信用情報機関に記録されてしまいます。

携帯やスマホなどの本体の遅延は、光熱費などの支払いと同等に考えていると大きなリスクを伴います。たとえば住宅ローンが組めなくなるだけではなく、マンションなどの賃貸契約もできなくなる可能性があるので注意が必要です。

しかし幸いなことに、ある期間が経過すれば履歴が抹消される“スーパーホワイト”の状態となります。抹消されるまでの期間については、後述する『傷ついた信用情報が戻るまでの期間』の項で詳しく解説しています。

審査に落ちる理由は信用情報に傷がある可能性を疑ってみよう!

信用情報に傷がつくとどんなことに影響してしまうのでしょうか?

信用情報は各金融機関で、個人信用情報機関(CICなど)を通じて情報が共有されます。つまり、お金を貸す事業を営む金融機関のほとんどの業者に情報は筒抜けです。自動車ローン、住宅ローン、クレジットカード、カードローン、フリーローン(おまとめローン)など、様々なローンに申し込んだ際にも信用情報が共有されます。

一般的に審査に通りやすいといわれているのが、クレジットカードや消費者金融のカードローンです。これらに申し込んでもどの審査にもなかなか通過できないと不可解に感じていませんか?この場合、もしかしたら信用情報に傷が付いている可能性を疑ってみる必要があります。このことが原因で審査にことごとく落ちてしまっているのかもしれません。

もしそうであれば、各種ローンやクレジットカードに申し込んでも審査落ちしてしまい、ますます信用情報に傷をつけることになります。そうならないためにも、信用情報にどのような状況が記録されているのかを調べることが大切です。次の審査に申し込む前に、明確な情報を確認してみる必要があります。

信用情報を確認するには、後述する『信用情報に傷がついていないかどうか調べる方法』で詳しく解説しています。

信用情報に傷が付くとどうなるのか?

過去の事故情報や申込みブラックなどの状態が信用情報に記録されてしまうことを、一般的に“傷が付く”ということは前述しました。傷が付いたとされるその後一定期間に他のクレジットカードやカードローンなどに申し込んでも、審査に通りにくくなります。

ここでは、金融トラブルについて掘り下げます。金融トラブル(事故情報)の主流となるのが、返済遅延によるものです。返済遅延の行く末は大きく分けて4つに分類されます。延滞、債務整理、強制解約、代位弁済などです。ちなみに、よく耳にする自己破産は“債務整理”に分類されます。

信用情報に事故情報が記録された場合、その後の審査にどのような影響を及ぼすのでしょうか?まず、クレジットカードの審査に通過できません。過去に利用していたクレジットカードも更新ができなくなってしまいます。さらに、住宅ローンや自動車ローンをはじめとする各種ローンなどの審査にも通過できません。

また、現在利用中のクレジットカードやカードローンは、利用停止には至らなくとも“利用限度額が減額”される可能性があります。それだけではありません。今や生活必需品となる“携帯電話の本体”を、分割払いによって購入することができなくなります。

このような状況にならないためにも、無理のない借り入れと返済計画が非常に重要です。

傷ついた信用情報が戻るまでの期間

傷ついてしまった信用情報は、個人信用情報機関を通して共有されます。ですが、ある一定期間が経過すれば記録は抹消されます。それぞれの状態によっても抹消までの期間が異なります。具体的に見てみましょう。

申し込みブラックの場合

申し込みブラックに記録されてしまった場合、消費者金融と銀行の抹消期間が異なります。消費者金融では過去1か月間、銀行では過去半年間にさかのぼった情報が審査で照合されます。

携帯ブラックの場合

携帯の支払いを遅延してしまった場合、5年間情報が共有されます。

金融事故の場合

以下の金融事故の場合は、消費者金融や銀行ともに同じ期間記録が残ります。

  • 支払い遅延・・・5年間
  • 任意整理・・・最長5年間
  • 自己破産・・・最長5~10年間
  • 強制解約・・・最長5年間
  • 代位弁済・・・最長5年間

それぞれの期間が経過すれば信用情報の履歴が抹消されます。新規でクレジットカードやカードローンなどの各種ローンに申し込む際には、履歴がクリアになっているかどうかを確認してから申し込みましょう。

中には情報がそのまま抹消されずに残っているケースもあります。また、抹消期間の勘違いによって慌てて審査に申し込んで審査落ちしてしまうこともあるようです。そのような悔しい結果にならないためにも、申込み前の確認は必ず行いましょう。

信用情報に傷がついていないかどうか調べる方法

信用情報に傷が付いている理由で各種ローンの審査に落ちてしてしまっても、その理由を各金融機関から教えてもらうことはできません。なぜなら、金融機関が信用情報に記録された情報を申込者に伝えることは、信用情報機関から禁止されているからです。そのため、傷が付いているかどうかの確認は自ら導き出す必要があります。

どのように確認すればいいのかと言いますと、個人信用情報機関に直接開示を求めることができます。日本の個人信用情報機関は3つほどあります。

  1. シー・アイ・シー(CIC)
  2. 日本信用情報機構(JICC)
  3. 全国銀行個人信用情報センター

日本の銀行やクレジットカード会社のほとんどが、いずれかの個人信用情報機関に加盟しています。これらの機関で、インターネット開示、郵送開示、窓口開示などの方法によって情報を確認することができます。

インターネット開示

全国どこからでもパソコンやスマホ上の画面ですぐに確認できるので便利です。クレジット決済で1000円ほどかかります。

郵送開示

報告書の到着まで10日間程度です。1000円ほどかかります。

窓口開示

それぞれの機関に訪問し、その場ですぐに確認することができます。もっとも安い500円で開示することができますが、所在地が限られているので交通費などにかかる費用も考慮しましょう。

そもそも信用情報って何?

信用情報とはそもそも何なのかについて、もう少し具体的に解説します。ひとことで言って、クレジットカードや各種ローンの申し込みから返済までの利用履歴のことです。ローンの契約内容や返済した金額、あとどのくらいの返済が残っているのかまでの詳しい情報が記録されています。情報は加盟している各金融機関から、利用があるごとに常に伝達が行われています。

自社で個人の利用があった場合、その情報を個人信用情報機関に提供する。逆に、他社から個人信用情報機関に提供された情報を共有させてもらうといった持ちつ持たれつの関係が成り立っています。

各金融機関は、ローンやクレジットカードの審査の際、個人信用情報機関を通じて信用情報を必ず確認します。過去の返済状況で遅延がなかったか?その他の金融機関とのやり取りで何かトラブルなどの問題はなかったか?など、融資判断の大きな手掛かりとして活用されています。

また、信用情報は申込者の同意なしでは、たとえ審査する保証会社でも情報を開示することはできません。ローンなどにネットから申し込んだ際に、申し込みフォーム画面に進む前に、同意にチェックが求められます。情報開示の許可(同意)は、この際に行われます。

これらの信用情報によって審査がよりスピーディーになったと言えます。さらに前述しましたが、担保や保証人がなくとも気軽にローンが組めるようになった理由に、信用情報の過去データが充実したことが背景にあることも否めません。

信用情報で見られる情報について

信用情報に記録されている情報は、お金の貸し出しや返済に関する情報だけではありません。具体的にどのような情報が記録されているのか見てみましょう。

本人の個人情報

【氏名、性別、住所、電話番号、生年月日、勤務先名、勤務先の電話番号】など。

契約内容の情報

【金融機関名、商品名、支払回数、契約日、利用金額】など。

返済の情報

【入金日、これからの入金予定日、支払い残高、完済予定日、延滞の有無】など。

このように、思っていた以上の細かい情報が共有されていることがわかります。

また申し込みブラックの情報に関してですが、申し込みブラックという言葉が直接記載されているわけではありません。審査の段階で、1か月以内に4件以上申し込みしている記録が確認できれば、内部的に申し込みブラックと判断されます。

それに加えて“ブラックリスト”も同じです。記録にブラックリストという言葉が直接明記されているわけではなく、記録されている状況を元に判断されるものです。

まとめ

クレジットカードやカードローンによるキャッシングと、信用情報の関係について解説しました。最後に重要なことをあらためてまとめてみます。

  • キャッシング利用だけで、傷が付くことはない
  • 金融トラブルなどの履歴が残っていれば審査通過は難しい
  • 申し込みブラックや携帯ブラックに気を付けよう
  • 信用情報は担保に代えられる重要な役割
  • 新規のローンに申し込む前には完済したカードをすべて解約しよう
  • ショッピング枠の現金化は違反なのでとてもキケン
  • 個人信用情報機関に確認を試みる
  • 信用情報開示はインターネットから簡単にできる

キャッシング利用履歴を確認されただけで、直接審査に落ちるということはありません。しかし、キャッシングの利用方法などの詳細を問い詰められた場合、各金融機関の審査基準に基づいた独自の判断がくだされます。

また、ローンなどの審査全般に言えることですが、確実な基準が具体的に決まっていない項目もあります。その場合、金融機関ならびに担当者の判断が大きく審査に影響します。くれぐれも心証をよくする努力を惜しまないことが重要です。

ページの先頭へ