無職でもキャッシングするには?

無職の状態になると収入がなくなりますので、お金に困ります。お金に困っている今こそキャッシングがしたい!と思うかもしれませんが、無職は原則としてお金を借りることができません。今回はその理由や対処法、解決策などを紹介します。

 

無職のキャッシングは無理?

たとえ無職でも出費は絶えませんので「お金を借りたい!」という状況になることもあるでしょう。しかし結論から述べると、無職は金融機関でキャッシングをすることはできません。それはなぜなのでしょう。

 

申込の最低条件が「安定した収入」である

キャッシングの申込条件には、必ず「安定した収入がある」というような文言が入っています。

 

お金を借りた後は毎月返済をしなくてはいけません。一時的な収入では途中で返済ができなくなってしまうので、「安定した収入」もしくは「継続した収入」といった条件が不可欠になります。

 

総量規制があるため、無職に貸すと法に抵触する

消費者金融やクレジットカードのキャッシングには総量規制があります。他社と合算して年収の3分の1以上は借りることができないという決まりです。

 

基準となる年収がないということは、その3分の1もゼロということですね。総量規制に反することになるため、無職の人にはキャッシングを行いません。

 

 

無職では原則としてお金が借りられない、ということが分かりましたね。しかし、「無職」と言っても色々あります。状況によっては無職でもキャッシングができるケースがあります。

 

どういう状態が無職?

「無職」というのは、その言葉の通り「職の無い状態」ですが、いくつかのパターンに分けることができます。まずそれを確認しましょう。

 

  • 専業主婦、主夫
  • 普段は家事・育児など家庭のことを行っていて、配偶者の収入で生活をしている方です。

     

  • 年金受給者
  • 支給される年金で生活をしています。年給をもらいながら仕事もしている人もいますが、ここでは仕事をしていない人を指します。

     

  • 求職中
  • 働く意志があり、仕事を探している状態の人です。家族の収入で生活をしていますが、失業保険を受給している場合もあります。

     

  • 就職浪人
  • 大学・大学院等を卒業した後も就職活動を続けている状態を指します。家族の収入で生活をしています。

     

  • 家事手伝い
  • 家事などを手伝っている人を指します。家族の収入で生活をしています。

     

  • ニート
  • 通学や家事、就職活動など何も行っていない人です。家族の収入で生活をしています。

 

「無職」といっても、様々な種類に分類されることが分かりますね。状況によってキャッシングができるかどうかも変わってきます。

 

キャッシングができる無職はどれ?

では、お金が借りられる無職は上記のどのパターンなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

専業主婦・主夫

総量規制は本人だけの年収が基準になります。いくら家計の管理が自分だとしても、仕事をしていない主婦・主夫はキャッシングができません。

 

しかし、総量規制の対象でない銀行のカードローンの一部では、専業主婦・主夫でもキャッシングができる場合があります。

 


・楽天銀行カードローン:60歳以下、上限50万円まで可
・イオン銀行カードローン:上限50万円まで可

 

年金受給者

仕事をしていない年金受給者は、高齢ということもあり、お金を貸すのはよくないと考えられていました。

 

しかし今は平均寿命が長くなり、年金を受給していても元気な方が増えていますので、シニアでも借りられるキャッシングが増加しています。年金受給者向けローン、自宅を担保にするリバースモーゲージローンなどがその例です。

 

また、収入が年金だけという方でもキャッシングができるカードローンもごくわずかですが存在します。レイクALSA、オリックス銀行カードローンなどは、年金収入のみでも申込できる旨が記載されています。

 

 

上記以外の無職はキャッシングが難しいのが現状です。なんとかお金を借りる方法はないのでしょうか。

 

無職なのに職業を偽ってキャッシングしたらどうなる?

キャッシングの申込の際には勤務先を申告しなくてはいけません。お金を借りたいからといって「どうせバレないだろう」と嘘の勤務先や職業を申告すると大変なことになります。

 

信用情報には勤務先情報も登録されている

申込の時に記入した勤務先情報は、個人信用情報機関に登録され、他の金融機関でも参照できるようになっています。

 

信用情報が申込の際に申告した勤務先情報や勤続年数と矛盾が生じていれば、不審に思われる可能性があります。

 

キャッシング契約に在籍確認は必須

キャッシングの審査において「実際に働いて収入を得ているかどうか」は非常に重要な問題です。返済が滞れば元金分が赤字になるためです。

 

そのためキャッシングの審査においては、社名を名乗らず勤務先に電話をかけ、顧客が勤務しているかどうかを確かめる「在籍確認」が行われています。勤務先を偽る人は決して少なくありません。何か不審な点があれば疑われ、審査がいっそう慎重になります。

 

虚偽がバレた時のリスクは高い

嘘をつくような人にお金は貸せません。虚偽がバレた時点で審査に落ちます。その会社でのブラック顧客となり、そのカード会社はもちろんのこと、同じ系列の金融機関では二度と利用ができなくなります。詐欺にあたるため、最悪の場合は警察に通報されるケースも。

 

途中での強制解約はブラック入り

うまく審査に通ったとしても、途中でそのことがバレれば強制的に解約されます。強制解約をされると個人信用情報にブラックとして登録され、クレジットカード、キャッシングなどが最長5年の間一切使えなくなります。

 

 

無職はお金を借りられませんが、だからといって勤務先を偽るのはリスクがとても高いので絶対にやめましょう!

 

とりあえず仕事を始めればキャッシングできる?

無職はキャッシングができませんが、仕事に就けばキャッシングの申込ができるようになります。

 

しかし、審査においては勤続年数が重要視されるのが現状です。勤務している年数が長いほど「収入が安定している」とみなされるためです。

 

1年未満だと審査通過が厳しい会社も

勤続年数が短いと審査に影響があります。特にアルバイトやパートは正社員に比べると短い期間で辞める方が多いため厳しくなる傾向があります。

 

銀行のカードローンの場合、勤続年数が1年未満だと審査に通過しない可能性が高いです。しかし消費者金融はアルバイト・パートの顧客が多く、勤続年数が少なくてもカードが作れたという方も実際にいます。

 

どうしてもすぐに借りたいなら

勤続年数が少ないからといってキャッシングができないわけではありません。以下のことに注意すると審査に通る可能性があります。

 

消費者金融に申込む

銀行系のキャッシングは勤続年数が少ないと審査に落ちる可能性が高いです。転職して間もないうちは、銀行ではなく消費者金融を選ぶといいでしょう。

 

小口で申込む

勤続年数が少なくても、少ない金額(5万〜10万)なら借りられる場合があります。最小限の金額で申込をするとよいでしょう。最初は少ししかキャッシングができないかもしれませんが、取引を重ねて勤続年数が長くなることで限度額が上がっていきます。

 

無職だけどお金が必要!そんなときどうする?

転職がすぐにできればよいですが、お金が借りられない状況にも関わらず、お金が必要になってしまった時にはどうしたらよいでしょうか。考えられる方法をいくつか検討してみましょう。

 

親・友達に借りる

お願いできそうな人がいれば、親や友達に借りるのが一番手軽であると言えます。どうしようもない事情がある場合、理由を話せば貸してもらえるかもしれません。

 

しかしいくら親しい間柄とはいえ、お金の貸し借りは人間関係のトラブルの元になりやすいです。仕事がなく返すあてが無いのなら尚更でしょう。そのため、他の手段を先に検討することをおすすめします。

 

自治体の支援を受ける

自治体の支援、というと生活保護を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は低所得や無職の人に低金利でお金を貸す「生活福祉資金制度」というものも存在します。

 

自治体の社会福祉協議会に相談をすれば申込ができますが、実際にお金を得られるまでには日数がかかることがデメリットです。転職活動をしたほうが早い可能性もあります。

 

日雇い・短期などで働く

イベントの手伝い、作業などの単発のアルバイトは、日払いに対応している場合が多く、比較的早くお金を手に入れることができます。

 

クレジットカードの家族カードを申込む

クレジットカードを持っている家族がいる場合「家族カード」を申込むことができます。カードの本会員以外に審査は行わないので、無職でもクレジットカードを持ち、キャッシングができる可能性があります。

 

しかし会社によっては、家族会員はキャッシングができないようになっている場合もあります。使用した分の請求は本会員に行くことにも注意しましょう。

 

「無職でもOK」と広告を出している会社は絶対にNG

以上のことから分かる通り、無職の方がキャッシングをするのは非常に厳しいです。

 

しかし、中には「無職でも融資OK」と広告を出している金融機関があります。これはヤミ金ですので絶対に手を出してはいけません。

 

「無職でもOK」という広告は違法

キャッシング会社が「誰でも簡単にお金を借りられる」というように、借入を助長する広告を出すことは法律で禁止されています。つまり「ブラックOK」「無職でも借りれる」という広告そのものが違法ということ。正規の会社はこのような広告は出しません。

 

闇金に手を出すと大変なことに

どうしてもお金に困っているからと言ってヤミ金に手を出すと大変なことになります。実際に利用をすると、厳しい取立てをされたり、法外な利息を請求されたりする以外にも、

 

・なかなか完済をさせてもらえない
・振込詐欺に口座が利用され、犯罪に巻き込まれる
・他のヤミ金のDMが届いたり、電話がかかってきたりする

 

など、様々なトラブルが実際に報告されています。一度手を出すと個人情報が他のヤミ金にも流用され抜け出せなくなります。絶対に利用はしないでください。

 

まとめ

今回は無職でもキャッシングできるかどうかについてまとめました。最後に要点を整理しましょう。

 

1.無職はキャッシングできない

原則としてキャッシングが受けられるのは安定した収入がある方のみです。無職で収入がない場合、返済能力がないとみなされ審査に通らない可能性がとても高いです。

 

2.無職でもキャッシングできる場合がある

無職は絶対にキャッシングできないというわけではありません。状況によってはキャッシングができるケースがあります。

 

専業主婦・主夫…一部銀行のカードローン
年金受給者…シニアローン、一部カードローン

 

上記に当てはまらなくても、自治体の支援制度を使用したり、家族のクレジットカードの家族カードを作ったりと、融資を受けられる可能性はあります。

 

3.転職間もない場合は申込に工夫を

転職してすぐは勤続年数が少ないため、審査が厳しくなります。転職して1年も経っていない場合は、消費者金融に申込む、申込金額を少なくするなどの工夫を心がけましょう。

 

また、審査にどうしても通りたいからと言って嘘の情報を申告するのは絶対にやめましょう。バレた場合は二度とその会社でキャッシングができなくなるばかりか、信用情報に傷がつく恐れがあります。

 

 

職が無い間は金銭的に苦しい状態が続きます。しかし闇金などには決して手を出さず、他の融資方法を検討、もしくは転職活動を行いましょう。

ページの先頭へ