債務整理中や後にキャッシングしたらどうなる?

 

返済が行き詰ったときの最終手段とも言える債務整理。すぐに手続きが終わればいいのですが、実際には手続き完了までに数ヶ月くらいかかることも珍しくありません。

 

その間にどうしてもお金が必要な状況になった場合はどうしますか?ここでは、債務整理中にキャッシングはできるのか、もしキャッシングをしたらどうなるのかについて説明をしていきます。

 

債務整理中にキャッシングはできるの?

債務整理にも様々な種類があります。任意整理、個人再生、自己破産などです。まずはそれらの意味について解説をした上で、キャッシングができるかどうかを確認していきましょう。

 

任意整理中はキャッシングできる?

任意整理は弁護士・司法書士と金融機関との交渉になります。任意整理の手続きが始まると、弁護士や司法書士は金融会社に「債権者ではなくこちらに連絡をください」という旨の「介入通知」を送ります。その時点で督促は止み、その会社から新しくキャッシングはできなくなります。

 

任意整理をする旨が分かると個人信用情報にも記録されます。他のキャッシング会社は、定期的に個人信用情報をチェックし、トラブルがないか確認をする「途上与信」を行っています。その途上与信で任意整理をしたことがバレればキャッシングができなくなります。しかし、途上与信が行われるまでの間はキャッシングができる可能性があります。

 

任意整理とは?

任意整理とは、金融機関と交渉し、利息分をカットして元金のみを分割で支払う契約をする手続きです。継続した収入がある場合や、元金だけなら3年程度で返済できそうな場合は任意整理を勧められます。

 

金融機関との交渉は弁護士や司法書士(債務が一件140万円まで)が行えます。複数の会社から借入をしている場合、一つの会社だけを選んで任意整理をすることもできます。

 

個人再生中にキャッシングはできる?

個人再生は裁判所で手続きを行います。再生手続き申立書や財産の目録、陳述書など様々な書類を収集・作成しなくてはいけないため、かなりの手間と時間がかかります。ですので、弁護士や司法書士に手続きを代行してもらうのが一般的です。

 

弁護士や司法書士が手続きを代行する場合は、任意整理の時と同様に介入通知を行いますので、その時点でキャッシングはできなくなります。自分で手続きを行ったとしても、裁判所から金融機関へ連絡が行った時点で融資は不可になります。

 

個人再生は利用している全ての金融機関が対象ですので、現在あるキャッシング枠はその時に全てゼロになると考えてください。個人信用情報にも個人再生をした旨が記録されるので、異動情報の登録後は新しく契約はできません。

 

個人再生とは?

個人再生とは、裁判所で手続きを行うことで借金を最大10分の1まで減らすことができる債務整理です。負債額と財産、収入を考慮し、最低限の返済金額を決め、3年間かけて返済をしていくことになります。

 

任意整理と比べると大幅に負担が減ります。また、住宅ローンは対象外にできるので、条件が合えば住宅を手放さずに手続きができます。実行すると信用情報に異動情報が記録されるほか、官報にも名前や住所が記載されます。

 

自己破産中はキャッシングできる?

自己破産も個人再生同様、裁判所で手続きを行います。自分で裁判所で手続きを行う場合は、書類提出後に発行される自己破産受理票を金融機関に送ることで借入ができなくなります。弁護士や司法書士に依頼した場合は、介入通知が金融機関に届いた時点でキャッシングができなくなります。

 

自分で手続きを行うと、手続き開始後から金融機関への通知までに日数があるので、キャッシングができてしまう場合があります。しかしこれは後の項目で詳しく説明しますが、自己破産申請中にキャッシングをすると大変なことになるので絶対にやめましょう!

 

自己破産とは?

自己破産は自分の財産を全てお金に換え、それを金融会社に分配し借金返済に充てる手続きです。借金は全てなくなりますが、現金や不動産、自動車、保険の解約返戻金など全ての財産が全て差し押さえられます。

 

破産をすることで勤務先などにバレるようなことはありませんが、破産手続き中は弁護士や税理士、警備員をはじめ、金融や安全に関する職業には就けなくなります。また、官報に住所と氏名が記載されます。

 

債務整理中にキャッシングするとどうなる?

前章の説明で、状況によっては債務整理をしている最中でもキャッシングができることが分かりますね。借りたことがバレなければ問題がないと思うかもしれません。しかし、もしバレると大変なことになりますので、債務整理中のキャッシングはおすすめできません。

 

任意整理、個人再生は金融機関の同意が必要

実は任意整理には金融会社の同意が必要です。個人再生も、小規模個人再生の場合は金融機関の同意がなくてはいけません。

 

自己破産になると金融機関の損失が大きくなるので、余程のことがなければ任意整理や個人再生は認められます。しかしもし隠れてキャッシングをしていたことがバレると「生活を建て直す意志がない」とみなされ、手続きがうまくいかなくなるかもしれません。

 

自己破産手続き中や直前は絶対にキャッシングしてはダメ!

自己破産の際は、借金を支払わなくてもよいという「免責」を裁判所から受ける必要があります。裁判所が免責許可決定を出すと借金が取り消しになりますが、場合によってはそれが許可されないことがあります。それを「免責不許可事由」と呼びます。

 

免責不許可事由の例
・ギャンブルなどで多額の借金をした
・財産を隠したり贈与したりした
・破産申立前の一年間に年収などを偽ってお金を借りた
・ローンやクレジットで商品を買い、それを売ってお金に替えた

 

自己破産手続き中にお金を借りることもこの免責不許可事由に該当します。すると、財産を手放したにも関わらず、借金が免除されずに残ってしまう…という最悪の事態になります。自己破産の途中や前にキャッシングをするのは絶対にやめましょう。

 

審査の際に債務整理中なのはバレる?

債務整理中のキャッシングはリスクを伴いますのでオススメできません。しかし「それでもキャッシングがしたい!」と考える方もいるでしょう。今まで利用したことがない会社なら借りれるかも…と思うかもしれませんが、実際はそのようにうまくいきません。

 

債務整理が分かった時点でブラックになる

弁護士や司法書士を通して債務整理や自己破産などを行う場合、金融機関に介入通知が送付され、早ければその直後にブラック情報が登録されます。新しい金融機関で申込をしようとしても、個人信用情報を参照すればすぐに債務整理中ということが分かりますので、キャッシングはできません。

 

自分で手続きをする場合は大丈夫?

自己破産は自分で手続きをするという方も少なくありません。その場合は手続きが進んでから金融機関に連絡をするので、それまでは債務整理をすることをどの会社も知らないということになりますね。

 

すると金融ブラックにならないので、キャッシングができるのでは?と思うかもしれません。実際にキャッシングができてしまう場合もありますが、先述の通り借金が取り消しにならないリスクがあります。

 

また「債務整理を行うことを隠して借入をした」として、詐欺罪に問われることもあります。人生を棒に振ることになりますので絶対にやめましょう。

 

債務整理中でもキャッシングOKな業者は安全?

大手の消費者金融や銀行では、債務整理中や債務整理後のキャッシングはできません。しかし小規模な消費者金融の中には、ブラックでもキャッシングができる会社が存在します。このような会社は安全なのでしょうか?

 

そもそもブラックでも貸す理由は?

ブラック情報がない人は、金利が低く利便性が高い銀行や大手消費者金融を利用できますので、中小消費者金融よりも先にそちらに申込をします。そのため中小消費者金融は新規顧客をなかなか獲得できません。そこで融資対象をブラックにも拡大し、顧客を得ているわけです。

 

ブラックでも全ての人にキャッシングをしているわけではなく、現在の収入や借入状況などを判断した上で審査を行っています。

 

申込をしても安全なの?デメリットはある?

届出をしている金融機関なら、貸金業法に基づいた営業をしていますので「安全」と言えるでしょう。しかし大手金融機関に比べると利便性では大きく劣ります。返済方法が銀行振込(手数料は自己負担)のみだったり、融資までに数日以上かかったりすることは決して珍しくありません。金利も上限ぎりぎりで高めの設定であることが大半です。

 

また、大手金融機関は社員が多く、受付専用の女性オペレーターが多く在籍しています。しかし中小会社は社員が少ないため、大手のような対応は期待しないほうがよいでしょう。「男性社員に威圧的な対応をされた」という口コミも実際に存在します。

 

ヤミ金と見分けるのが非常に難しい!

さらに、中小消費者金融はヤミ金との区別が難しいという危険性があります。一度ヤミ金に手を出してしまうと大変なことになりますので、慎重に見極めなくてはいけません。ヤミ金が危険な理由については、次の項で解説をします。

 

ヤミ金に注意しよう!

個人再生や破産を行うと、政府が発行する官報に住所と名前が記載されます。闇金業者はこの情報を元に「うちなら貸しますよ!」というようなDMを発送します。ブラックなのに借りれるのは魅力的かもしれません。

 

しかしヤミ金に一度手を出すと、違法な金利で返済を要求されたり、職場や家に押しかけられたりします。近年では対応が優しいヤミ金もあるようですが、それでも「なかなか完済させてもらえない」「振込先がオレオレ詐欺の受取口座にされる」など、想定外のトラブルが多数報告されています。怪しい金融機関には手を出さないようにしましょう。

 

債務整理後はキャッシングできないのが現状

とはいえ、実際債務整理後はしばらくの間キャッシングはできなくなります。個人信用情報に事故情報が最長5年、自己破産の場合は10年も登録されますので、それが消えない限りはキャッシングはおろか、カードを作ったりローンを組んだりもできません。

 

そのため「どこでもいいから借りたい」と考えるのも無理はないかもしれません。しかし一度借金で失敗している人はまた借金で失敗しやすいのも事実です。中小消費者金融と間違えてヤミ金に手を出してしまうと人生が台無しになりますので、むやみに借りないほうがよいです。

 

自治体に相談するのが一番!

どうしても生活に行き詰ってしまった、という場合は自治体から「総合支援資金貸付」という制度でお金を借りられることがあります。金融機関とは違い低金利かつ安全です。管轄の社会福祉協議会に相談をしてみましょう。

 

債務整理後・債務整理中にお金が必要になったら?まとめ

債務整理中でもタイミングによってはキャッシングができる場合がありますが、バレた際に手続きが無効になる恐れがあること、詐欺罪になる危険性があるなどの理由から絶対にオススメはできません。

 

また、債務整理後はブラックになるため、しばらくお金を借りられなくなります。だからと言って「ブラックでもOK」と謳う金融機関に手を出すと、家族や職場に借入がバレたり、予期しない犯罪に巻き込まれたりなど、人生を棒に振る危険性があります。

 

債務整理中、債務整理後に苦しくなったときは、得体の知れない金融機関ではなく、自治体に相談することを強くおすすめします。自治体には生活保護だけでなく「総合支援資金貸付」という低金利でお金を借りられる制度がありますので、積極的に相談してみてくださいね。

ページの先頭へ