キャッシングの金利について知っておこう

当たり前のことですが、キャッシングをすると利息が発生します。金融業者は慈善事業をしているわけではありませんので、貸したお金に利息を付けて返してもらわなければ、社員に給料を払うこともできません。

利息というのは長く借りるほど、たくさん借りるほど大きくなります。例えば1万円を借りた場合には、1ヶ月で返すのか、1年で返すのかによって利息が違います。1万円借りるのか10万円を借りるのかでも利息が変わってきます。

ケースバイケースで利息が変わってしまうため、それを計算するために金利というものがあります。通常は15%や18%といったように表示され、1年単位で計算するため年利とも呼ばれます。

1万円を年利15%で1年間借りた場合は、1万円×15%で1500円の利息を元金と一緒に支払います。この場合ですと11,500円が1年後の返済額です。1ヶ月(30日)後に返済する場合は、日割り計算をして、1万円×15%÷365日×30日で123円の利息が発生します。

一般的にキャッシングは「年5~18%」のように幅のある表示がされ、審査結果によって金利が決定します。

キャッシングの金利はいくらぐらい?

それでは実際に、キャッシングの金利がどれくらいなのかについて見ていきましょう。お金を借りるときの金利は、金融業者の違いによって変わります。このため、ここでは金融業者の種類ごとに紹介していきます。

クレジットカード

クレジットカードはショッピングに使うだけでなく、お金を借りることもできます。申し込みをするときにお金を借りるためのキャッシング枠を設定するのですが、自分のクレジットカードでいくら借りられるか把握していない人も多いようです。

一般的にキャッシングの限度額は数十万円に設定されているため、大きなお金を借りたいときには使うことができません。また原則として返済は翌月の一括払いです。リボ払いでの返済もできますが、その場合は返済総額が増えてしまいます。

クレジットカードでお金を借りる場合の金利は、ほとんどのクレジットカードで18%に設定されています。これは10万円以上100万円未満を貸し出す場合の上限です。12~18%といったように幅を持たせているケースもありますが、金利が低いのは高額な借り入れをするときだけです。

年12~18%と設定されているような場合は、利用限度額も200万円と高額に設定されています。年12%で借りられるのは、200万円を借りるような場合で、借入額が100万円未満の場合は、ほぼ年18%で設定されています。

クレジットカードで簡単に借りることができるお手軽さの反面、クレジットカード会社は貸倒れで発生するリスクを少しでも減らすために、金利を高めに設定します。そうすることでたくさんの利息を得られるため、返済できない人が一定数いても、会社の損失を最小限に抑えることができます。

消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングはカードローンとも呼ばれる金融商品です。お金を借りるために初回は審査を受け、そこで決められた限度額の範囲内であれば、ローンカードなどを使って何度でも借り入れすることができます。

審査は厳しく、申込者の50%くらいしか融資を受けることができません。また、初回に限っては審査に時間がかかるため、いますぐお金が必要という場合には向いていません。しかし手続きを急げば即日融資も可能で、なおかつクレジットカードよりも低金利でお金を借りることができます。

  • アコム:年3.0~18.0%
  • プロミス:年4.5~17.8%
  • アイフル:年4.5~18.0%

消費者金融は、大手3社ほぼ横並びです。アコムの最低金利が低いのは、アコムだけ融資限度額が800万円に設定されているためで、プロミスとアイフルは500万円までしか融資しませんので、最低金利は低くなります。

消費者金融でお金を借りる場合は、総量規制があるため年収の1/3までしか借りられません。このため、ほとんどの人が200万円以下の借り入れになるはずです。100万~200万円の金利は約15%、100万円以下の金利は18%もしくは17.8%で設定されているため、クレジットカードとそれほど変わりません。

金利の計算方法

キャッシングでの金利計算については上で少し触れましたが、もう少し詳しく説明します。

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365日 × 利用日数

基本的な計算式はこのようになります。年利で記載されていても、実際には毎月の返済ですので、まずは年利を日割り計算して、それに利用日数をかけて1ヶ月の利息を計算します。

例えば10万円を金利年18%で借り、初回返済日は30日後とします。この場合の利息計算は次のようになります。

10万円 × 18% ÷ 365日 × 30日 = 1,479円

30日後の利息は1,479円です。ここまでは簡単に計算できるかと思います。月々の返済額を1万円に設定している場合は、元金8,521円+利息1,479円という内訳で返済を行います。このため、30日後の返済の後は、返済残高が10万円-8,521円で91,479円です。

この計算を元金が0円になるまで繰り返します。このケースですと返済に11ヶ月かかり、そのときの利息の総額は9,158円です。もし金利が年15%であれば、返済期間は変わらずに11ヶ月ですが、利息の総額は7,497円となり、年18%で借りるよりも返済総額が減ります。

月々の返済額を大きくした場合も、同様に返済総額を減らすことができます。年18%で月々2万円返す場合は、返済までに掛かるのは6ヶ月で、利息の総額は4,750円です。

銀行カードローンと消費者金融の違い

上記では消費者金融とクレジットカード、それぞれの金利について紹介しましたが、キャッシングという意味では、もうひとつ銀行のカードローンと呼ばれるものがあります。消費者金融でお金を借りる場合もカードローンと呼ぶことがありますが、両者の違いはどこにあるのでしょう。

銀行のカードローンのほうが金利は低い

  • 三菱東京UFJ銀行:1.8~14.6%
  • みずほ銀行:3.0~14.0%
  • 三井住友銀行:4.0~14.5%

メガバンクの場合は、最大でも14%台とかなり低めに設定されています。利用限度額も800万~1000万円と大きな額の借り入れが可能です。

審査は厳しいといわれている

金利が低い金融商品ほど審査が厳しくなる傾向があります。銀行ももちろんそれに該当します。消費者金融のキャッシングよりも有利に借りることができるのですが、審査が厳しいため簡単に借りることができません。

銀行は総量規制対象外

消費者金融は総量規制の対象ですので、年収の1/3までしか融資を受けられませんが、銀行は総量規制の対象外ですので、年収の1/3以上のお金を借りることができます。ただし、実際には年収の1/3を融資の限度額に設定している銀行のカードローンも多く、よほど条件のいい人でない限り年収の1/3以上の融資を受けることができません。

金利が安くておすすめなのは?

キャッシングにはクレジットカード、消費者金融、銀行のカードローンの3種類あると紹介しましたが、実際に利用するときにはどの商品を選ぶべきなのでしょうか。金利面からみた、おすすめの金融商品を紹介します。

金利面で有利なのは銀行のカードローン

金利だけを考えれば圧倒的に有利なのは銀行のカードローンです。最大金利が15%以下で、消費者金融やクレジットカードと比べてお得にお金を借りることができます。3%くらいの差でしかありませんが、それでも1年間借りると数千円の違いになりますので、決して小さくない値です。

少しでも利息を減らしたい場合は銀行のカードローンで融資を受けるようにしましょう。ただし、銀行のカードローンは審査に時間がかかるため、いますぐお金を借りたいというときには適していませんので、注意してください。

クレカと消費者金融どちらが良いの?

クレジットカードと消費者金融では、いずれも年18%もしくは17.8%ですのでどちらで借りても違いはありません。ただしクレジットカードの場合は一括払いで、消費者金融は分割払いという違いがあるため、消費者金融のキャッシングのほうが返済総額は大きくなります。

ただし、近年増えているリボ払いに対応しているクレジットカードであれば消費者金融と同スペックと考えても良いでしょう。少額ならクレジットカード、まとまった金額なら消費者金融と使い分けるのがおすすめです。

キャッシングでかかる手数料はいくら?

キャッシングをするときにはATMやCDを利用するため、それらの手数料を支払わなくてはいけないことがあります。例えばJCBカードの場合は、1回の利用が1万円以下なら100円、1万円を超える場合は200円のATM利用手数料が発生します。

これとは別に「キャッシング手数料」が発生する金融商品もありますが、これは金利のことです。金融業者によってそれぞれ呼び方が違うだけで、特別な費用が発生するわけではありませんので安心してください。

返済時に提携ATMを利用する場合にも返済手数料が発生します。この手数料は何気なく支払っていますが、実はかなりの損失になることを覚えておきましょう。ATMを利用して2万円借りたとして、手数料が216円発生したとします。この216円を利率で考えると1.08%です。

それを10回行ったとすると年利計算で10.8%ですので、とても大きな損失が発生します。金融商品を選ぶときは手数料の発生しない商品を選ぶか、もしくはこまめな借り入れではなく、一括で借り入れをするようにしましょう。

返済時も提携ATMではなく、手数料無料の金融業者の持っているATMから返済を行いましょう。小さなことですが、塵も積もれば山となります。払わなくていい手数料を払って、損をしないように気をつけましょう。

キャッシングの選び方

ここまでキャッシングと金利の関係について紹介してきましたが、お金を借りるときにどのような基準でどこから借りるのかについても説明しておきます。金融業者が多すぎて選びきれないという人は参考にしてください。

まずは金利で選ぶ

どの金融商品で借りようか迷ったら、まずは金利を確認してください。言うまでもなく低い利率でお金を貸してくれる金融業者を選びましょう。ここで紹介したように、銀行のカードローンが最も低い利率でお金を借りることができます。

ただし、借入金額が数万円とあまり高くないような場合は、あまり利息については考える必要はありません。1万円を年利18%で借りて1ヶ月で返済すると、利息は147円しか発生しません。これが15%になったところで数十円しか変わりませんので、あれこれ悩むだけ時間の浪費でしかありません。

融資までのスピードで選ぶ

お金が必要になったときの緊急度に応じてどこで借りるか選びましょう。すぐにお金が必要な場合はクレジットカードを使い、1日くらいの猶予があるなら消費者金融がおすすめです。融資が必要になるまで、それなりの時間を確保できる場合は年利の低い銀行を選びましょう。

借入限度額で選ぶ

いくら融資を受けたいのかによって選ぶべき金融商品が違います。クレジットカードの場合は、スピーディーにお金を借りることができますが、借入限度額がかなり少なめに抑えられているはずです。クレジットカードで100万円借りられる人はほとんどいません。

大きな金額を借りたい場合は、消費者金融か銀行で借りるようにしましょう。借入額が大きい場合は、利率の差が大きく影響しますので、できるだけ低金利で借りることのできる金融商品を選びましょう。

審査の通りやすさで選ぶ

どんなに素晴らしい金融商品でも、審査に通って融資を受けられなければ絵に描いた餅です。銀行ではかなり有利な条件でお金を借りることができますが、その審査はとても厳しく、誰でも簡単にお金を借りられるわけではありません。

クレジットカードの場合は、すでにキャッシング枠が用意されていれば審査を受ける必要もなく、お手軽に借りることができます。融資を確実に受けたい場合は、自分のステータスに合った金融商品を選ぶようにしてください。

手数料で選ぶ

すでに紹介しましたが、キャッシングをするにはATMの利用手数料が発生することがあります。手数料も積み重ねると利息よりも大きくなることもあります。こまめにお金を借りるという人は、手数料の発生しない金融商品を選びましょう。

まとめ

キャッシングをするときに金利がどのような影響をあたえるのか、漠然とした理解だったものが、ある程度はっきりと理解できたのではないでしょうか。お金を借りるときは原則としてできるだけ利率の低い金融商品を選ぶことの重要性がわかってもらえたかと思います。

クレジットカードと消費者金融はいずれも年18%くらいでの融資になりますので、借りるときは細かい条件を比較して決めましょう。少額をスグに借りたいならクレジットカード、大きな金額を借りたいときにはクレジットカードより消費者金融を利用してください。

また、消費者金融よりも銀行のカードローンのほうが、有利な金利でお金を借りることができます。ところが銀行のカードローンは審査が厳しく、誰でも簡単にお金を借りられるわけではありません。上場企業に勤めているといった、高いステータスがあるのでなければ、確実に融資を受けられる金融業者でお金を借りましょう。

金融業者を選ぶときには、他に融資までのスピードや手数料の有無もチェックしましょう。ここで紹介した選び方を参考に、自分に最適なキャッシングを見つけてください。

ページの先頭へ