絶対に借りれるキャッシングは存在するの?

 

生活において、どうしてもお金が必要になる場面は多々あります。お金が足りないときの手段の一つがキャッシングです。

 

審査に通るか不安、そのような時「絶対に借りれるキャッシング」という広告を見つけたらどう思いますか?絶対に借りれる、審査に落ちる心配がない…ということで魅力的に思えるかもしれませんね。

 

しかしキャッシングは全ての人が借りられるわけではありません。ここでは「絶対に借りれる」という文言に隠れた罠や、実際に審査に通りやすくするにはどうすればよいのかについて説明します。

 

「絶対に借りれる」というキャッシングは違法!その理由とは

インターネットなどで「絶対に借りれる」という謳い文句を広告にしている金融機関を見かけることがあります。審査が不安な方にとっては非常に魅力的に見えますね。しかし、絶対に借りれるキャッシングというのは日本には存在しません。その理由について、本章では詳しく説明していきます。

 

キャッシングには絶対に「審査」がある

銀行、消費者金融、信販会社など、お金を貸している金融機関は多く存在しますが、キャッシングをする際には必ず「審査」を行っています。会社によってキャッシングができる基準が決められており、その審査を行うことでお金を貸すかどうかを決めています。

 

「絶対借りれる」という表現自体が違法である!

インターネットやテレビ、街中でキャッシングの広告を目にする機会は沢山ありますが、あの広告の内容は法律で規制がされています。借入を助長するような文言や、誰でも借りられる、絶対借りれるというような文言は広告で使えないと決められているのです。

 

つまり「絶対借りれる」という表現を広告に使っている時点で、その会社は違法行為を行っている金融機関ということになります。法律に反した広告を出している会社が、果たして法に則ったキャッシングをしてくれるでしょうか?ヤミ金、危ない金融機関だという証拠です。絶対に手を出さないようにしてください。

 

似たような表現に「ブラックでもOK」というものがあります。これも実は違法の文言にあたります。次の項目でブラックについて詳しく見ていきましょう。

 

「ブラックでもOK」という表現は?そもそもブラックとは?

闇金がよく使う文言には「ブラックでも借りれる!」というものもあります。まずはキャッシングにおける「ブラック」の意味について確認をしましょう。

 

個人信用情報機関の異動情報=ブラック

銀行や消費者金融、カード会社など、キャッシングを取り扱っている会社は「個人信用情報機関」という機関に加入しており、顧客の契約情報や返済情報などを他の金融機関と共有しています。

 

契約中に長期延滞や債務整理、破産、貸倒など、何らかのトラブルがあった時には、個人信用情報に異動情報(金融事故とも)が記録されます。この異動情報が記録された状態がいわゆる「ブラック」です。

 

ブラックになるとしばらくの間借り入れができない

ブラックになるとキャッシングができなくなります。お金を貸す側は、返済能力がない人にお金を貸すわけにはいきません。ブラックというのは過去になんらかの金融トラブルを起こしているということですので、どうしても返済能力に欠けているとみなされてしまうのです。

 

ブラックは一生ブラックではない

一度ブラックになると、一生そのままというわけではありません。異動情報は長くても5年以内には消去されます。(CICにおける破産情報は10年です)情報が消去された後なら、借入ができるようになります。

 

つまり、ブラックリストに載っている間は、大手の消費者金融や銀行は利用できないということです。でも、どうしてもお金を借りたいと思った人に「独自審査」を持ちかける金融機関があります。こうした金融機関は信用できるのでしょうか?次章で詳しく説明していきます。

 

「独自審査します」という金融機関は大丈夫?

原則としてブラックになるとキャッシングはできなくなりますが、中には「ブラックでもOK」もしくは「独自の審査を行っています」など、ブラックでも借りられるということを匂わせる会社も存在します。そのような会社はどうなのでしょうか。

 

実際、闇金以外でもブラックの人に貸す会社があることは事実です。規模の小さな金融会社(街金などと呼ばれます)は顧客が少ないため、大手金融機関では借りられない人を集めようとしています。ですが誰でも「絶対に借りれる」というわけではありません。その会社の基準を満たしていなければ審査に落ちます。

 

なお、それらの会社はデメリットが多いため、利用することはオススメできません。理由の一例を紹介します。

 

「独自審査」の会社を使わないほうがいい理由

独自審査を謳う金融機関は、基本的に利用をオススメしていません。それには以下3つの理由があるのです。

 

1.ヤミ金との区別がつきにくい
2.利便性が低い
3.対応でイヤな思いをしたという実例がある

 

これら3つの理由について、これから説明していきます。

 

1.ヤミ金との区別がつきにくい

独自審査を謳う消費者金融は、ヤミ金との区別が非常につきにくいです。もしヤミ金に手を出すと、違法な督促だけでなく、犯罪に巻き込まれる、個人情報を他のヤミ金に流されるなど、様々なトラブルに遭ってしまいます。そのためヤミ金かどうか分からない金融機関を使うのはとてもリスクが高いです。

 

2.利便性が低い

独自審査を謳う会社は、大手消費者金融のようにシステムにまでお金をかけられません。そのため「返済は振込のみ」という会社は決して珍しくありません。なお、手数料は自己負担です。

 

3.対応でイヤな思いとしたという実例も…

ヤミ金でなければ怖い思いをすることはない!と考えていませんか?独自審査の会社を使った人の口コミには「担当の社員に威圧的な態度をとられた」「説教された」というものが存在します。

 

後の項目でも紹介しますが、自治体の制度を使えばブラックでも借りられる可能性はあります。独自審査の会社よりもまずはそちらを優先しましょう。

 

確実に審査に通るにはどうすればいいの?

「絶対借りれる」という金融会社はヤミ金以外には存在しないことが分かりましたね。しかし誰しもキャッシングをする際は、審査に通るかどうか不安なはずです。

 

審査基準は会社によって異なっており、様々な要素を組み合わせて審査をしているため、確実に審査に通るにはこうすればいい、というようなはっきりとした基準はありません。

 

しかし少しでも審査に通る可能性を上げることはできます。ここではその一例を紹介します。

 

他社の借入金額、会社数を減らす

審査の際に大きな影響を及ぼす事柄の一つが、他社の利用状況です。他の会社を利用している場合、金額が大きかったり件数が多かったりすると審査に落ちる可能性があります。

 

急に借金の金額を減らすのは難しいかもしれませんが、もし借りている会社数を減らせそうなら減らしてみましょう。会社数は少ないほど審査に通りやすいと言われています。おまとめローンなどを利用すれば、借り入れている会社数は減らすことができます。

 

延滞をしない

審査に通ることの前提として、ブラックにならないということが一番重要です。ブラックの内容の一つに「延滞」という項目があります。一般的に60日以上延滞をするとブラックになるといわれています。

 

しかしブラックに情報を登録しているのは各金融機関なので、金融機関の基準によってはこれより日数が少なくてもブラックになる可能性があります。もちろん1回、数日の延滞ではブラックにはなりませんが、延滞をしないに越したことはありません。期日通りの返済を心がけましょう。

 

一度に複数の金融機関に申込をしない

金融機関はキャッシングの審査の際には必ず個人信用情報を参照します。すると『キャッシングの申込をした』という記録が一定期間残り、他の加盟会社から分かるようになります。

 

あまりに短い期間(1ヶ月〜6ヶ月)の間に複数の会社に申し込みをしていると、「申込ブラック」となり断られてしまう場合があります。申込ブラックになる目安は3件以上だと言われています。そのため、キャッシングをしたいからといって闇雲に複数の会社に申し込みをするのは厳禁です。

 

ブラックでもお金を借りたい!そんなときは

一度ブラックになると5年〜10年はお金を借りられません。そのような時はどうすればよいのでしょうか。

 

自分の個人信用情報を確認してみよう

ブラックが登録されている期間は「長くて5年(10年)」です。そのため丸々5年間登録されているとは限りません。もしかすると異動情報がもう消えているかもしれませんので、気になる方は自分の個人情報を確認してみることをオススメします。

 

日本には現在3つの信用情報機関があります。それぞれの情報機関のホームページなどで手続き方法の確認ができます。

 

・日本信用情報機構(JICC)
・シーアイシー(CIC)
・全国銀行個人信用情報センター

 

しかし、むやみに何度も照会することはオススメしません。照会履歴が残るので、他の金融機関が審査の際に不信感を抱く場合があります。

 

友達、家族に借りる

金銭的に頼れそうな人がいる場合、正直にお金が必要であることを話してお金を借りるという方法もあります。頼みづらいかもしれませんが、だからといってヤミ金に手を出せば家族や職場に借入が知られ、多大な迷惑をかけます。いずれにせよ迷惑をかけることには変わりありません。

 

家族や友達に借りる場合は、理由を正直に話すことをオススメします。嘘をつく人にお金を貸そうとは誰も思わないはずです。また、法に則った「借用書」を作成するとより良いでしょう。借りた金額や利息、返済する期日、返済方法などを書類に残すことで信頼度が上がります。

 

自治体に相談する

自治体には生活保護に限らず、「生活福祉資金制度」という収入が低い人や無職の人にお金を貸す制度もあります。管轄の社会福祉協議会に相談をしてみましょう。また、衣食住を支援しつつ、再就職に向けて一緒に取り組みをしてくれる制度もあるので、社会福祉協議会に相談してみるのもオススメします。

 

怪しい金融機関に手を出すくらいなら債務整理を!

「絶対に借りれるキャッシング」という言葉で検索をすると、ブラックでも借りれる、絶対借りれるという会社が目に入ることがあります。果たしてその会社は本当に安心だと言えるでしょうか。

 

仮に闇金だった場合、手を出せば人生が台無しになります。闇金ではなかったにしても、生活が苦しい状態でお金を借りることになるので、余計に生活は圧迫されます。

 

大手消費者金融で借りられないほどになってしまった場合は債務整理をすることをオススメします。債務整理にはデメリットもありますが、手段によっては借金が大きく軽減できますし、金融機関からの督促もなくなるため精神的にかなり楽になるはずです。

 

まとめ:絶対に借りれるキャッシングは存在しない

この世には絶対に借りれるキャッシングはありません。もしあるとしたら闇金です!

 

「絶対に借りれる」というキャッシングには申し込まない

キャッシング業界では、借入を助長するような文言や、誰でも審査に通るというような文言は使用が禁止されています。「絶対に借りれる」「ブラックでもOK」といった言葉を使っている時点で違法です。

 

怪しいキャッシングには手を出さない

闇金は違法な金利を取り、違法な取立てを行っています。プライバシーも守りませんので、家族や勤務先に借り入れがバレる可能性があります。また、犯罪の加害者側として巻き込まれ、人生が台無しになったという実例があります。絶対に手を出さないようにしましょう。

 

独自審査を謳っている金融機関もありますが、大手消費者金融と同じと考えてはいけません。金利も高めであり、闇金と間違えやすいので、手を出さないほうが無難です。

 

困ったら債務整理などを検討しよう

債務整理を行うと金銭面の負担、精神面の負担が大きく軽減されます。闇金に手を出すよりは債務整理を選びましょう。また、自治体に相談する、家族や友人に相談するなどの方法もおすすめです。

ページの先頭へ