キャッシングのリボ払いってなに?知らないと損する返済方法

キャッシングのリボ払い

キャッシングの返済・ATMを使いこなそう

急にお金が必要になった時や、海外旅行などでキャッシングできるカードが1枚あると大変便利です。キャッシングの方法は「銀行のカードローン」「消費者金融」「クレジットカード」の3つに分けられます。

そんな中、「キャッシングに申込んだのはいいけれど、返済方法がよくわからない」という方も少なくありません。各金融機関によって方法は色々ありますが、中でもATMの利用は人気です。ATMを利用する場合、慣れるまでにちょっと時間がかかることもあります。そんな方のために、この記事では借りたお金の返済方法について掘り下げます。

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法は、インターネットバンキング、ATMの利用、口座振替(自動引き落とし)、銀行振込、店頭窓口などがあります。自分の状況やそれぞれの金融機関の特徴などによって、これらを使い分けることもポイントです。では、金融機関別に特徴を解説します。

銀行カードローン

銀行では口座振替をすすめる傾向があります。なぜなら、毎月決まった日の自動引き落としなので、未入金を防ぐことができるからです。しかし利用者にとっては、手続きに手間がかかる、明細書が送付される、利用履歴が通帳に残るなどの心配から別の手段を選択する方も少なくありません。

例えば、インターネットバンキングならパソコンだけでなく、スマホやタブレットなどからも利用可能なので24時間365日手続き可能です。また、スマホアプリを導入している銀行も増えています。それぞれ、ログインID、パスワード、暗証番号などでログインするので、履歴を人に見られる心配がありません。

ATMを利用する場合、自社ATM、提携する他行のATM、提携するコンビニATMなどから振り込みが可能です。中でも、24時間利用可能なことが多いコンビニATMの利用者がもっとも多いようです。ただし、コンビニのATMならどこでも同じように利用できるとは限りません。提携するコンビニかどうかはもちろんのこと、設置するコンビニ店舗や銀行によっても利用できる時間帯が変わります。また、メンテナンスが定期的に決められた時間に行われるので、無駄足にならないためにも事前確認が必要です。

利用できるATMや時間帯をホームページや問い合わせによって確認したら、ATMのある店舗に訪問しましょう。振込には銀行のローンカードが必要です。まず、カードをATMに挿入します。画面上にある“ご返済ボタン”を選択、機械に入金したい金額(現金)を挿入しましょう。処理後にカードと返済明細を受け取りましょう。

消費者金融

消費者金融の場合も口座振替の利用はもっとも効率的ですが、通帳に利用履歴が残ることをシビアに考える人が多いため、あまり利用されていないようです。消費者金融の場合、ATMやインターネットバンキングによる入金方法の利用者が多いようです。ATMの場合、銀行の入金用口座がなくても問題ありません。

ATMの種類には、自社ATM、提携するATMなどがあります。自社ATMは自動契約機の横に設置されています。ローンカードを機械に挿入するのは銀行のカードローンと一緒です。また、消費者金融の中には、自社ATMならローンカードがなくとも入金ができるケースがあります。この場合、会員番号・氏名・生年月日・電話番号などを入力することでカードを忘れても入金を行うことができます。

提携するATMは、消費者金融によってもさまざまです。提携ATMの営業時間は設置する店舗によっても異なります。コンビニの場合、24時間利用できることが多いのでとても便利です。ただし、メンテナンス時間も事前にチェックしておきましょう。

クレジットカード

クレジットカードの場合、翌月に一括払いするのが基本となります。ここが、銀行カードローンや消費者金融と大きく異なる点です。しかし、最近ではキャッシング利用でもショッピング利用と同じように、分割できるタイプのクレジットカードも増えているようです。

クレジットカード会社やカードの種類によって返済方法が異なります。基本的には、口座振替による月に一度の自動引き落としが主流です。クレジットカードの場合、ATMからお金を引き出すことができても、入金ができないカードも少なくありません。ちなみに、「JCBカード」「楽天カード」「オリコカード」「ニコスカード」などの大手クレジットカードでは、コンビニや銀行ATMなどからの返済が可能です。

では、ATMからの入金の利用方法を解説します。まず、利用時間などを事前に確認してからATMに足を運びましょう。金融業者によっても多少異なりますが大まかな流れは同じです。

画面の“クレジットカード”を選択しましょう。機械のカード挿入口にカードを挿入します。“ご入金”のボタンを選択し、暗証番号を入力します。カードローンかショッピングリボのいずれかを選択します。この場合、ショッピングではないのでカードローンを選択します。入金したいお金を挿入します。処理後に、クレジットカードと明細表を受け取りましょう。

また、キャッシング全般に言えることですが、利息額を減らすことに注目すれば、ATMやインターネットなどからこまめにできる“繰り上げ返済”もうまく活用しましょう。これについては、のちほど詳しく解説します。

返済におけるリボ払いって何?

「リボ払い」という言葉をよく耳にするかと思います。これは、“リボルビング払い”とも言われ、返済方式のひとつです。キャッシングに関しては、ほとんどこの方式が採用されています。

ちなみに、「リボ払いと分割払いの違いって何?」と疑問に思う方も少なくないでしょう。例えば、クレジットカードでショッピング利用した場合、購入したお店で何回払いにするかを聞かれます。1回の精算ごとに支払い回数を決めることで月々の返済額が決まる方法が“分割払い”です。それに対しリボ払いは、借入残高の合計に対し、残りの支払い回数が変化する方式です。

月々の支払い額は一定額かつ低額が可能なので、収入とのバランスが取りやすい特徴があります。金融機関や借り入れ残額によっては月々2000円からでもOKとする場合もあります。しかし、月々の支払額を低額に設定した場合、30万円の借り入れになったとして5年以上に渡って返していかなければならないこともあります。長期に渡るということは、その分手数料(利息額に同等)も増えてしまいます。

さらに追加で借り入れをした場合でも、月々の支払いが大きく増えることがありません。そのため、長期返済に拍車をかけてしまいなかなか完済できません。

では、リボ払いによる低額返済を続けることによって、どれだけ損をしてしまうのか次の項で掘り下げます。

リボ払いってどれくらい損するの?

キャッシングのリボ払いの場合、借入残高が少なくなるのに比例して利息額(手数料)が減る特徴があります。しかし、借り入れ残高が少なくなるに応じて月々の最低返済額も少なくなります。そのため、借り入れ元本の支払いも少なくなるので、借入期間が延びてしまいます。その間は延々と利息を払い続けることになるため、細々と返し続けるというループに陥りやすいのです。

ちなみに、リボ払いの計算方法は下記の通りです。

『借り入れ残高×金利(手数料率)÷365日×30日』

これは、支払い日が月に1回30日ごとに訪れる際の試算です。もし、支払いの周期が25日の場合、30日を25日に差し替えた試算となります。金利は金融機関によっても変わりますが、年率15~18%が一般的です。

リボ払いは返済額を数千円という少額に設定できるため、お金を借りているという感覚を忘れてしまいがちです。例えば、月々の支払い金額の設定を5000円にした場合と1万円にした場合とでは、ほぼ倍額の利息を損してしまいます。10万円ほどの利用になれば、利息だけで数万円におよぶ金額をムダに支払ってしまうことになります。せっかく半額のバーゲンセールでブランド品を購入できても、結局2~3割引程度しか安くならなかったことになってしまいます。

これは、クレジットカードのショッピングに限らず、すべてのキャッシングにも言えることです。20万円30万円と利用金額が大きくなればなるほど損が大きくなります。そうならないためにも、「余裕がある限り月々の返す額を高めに設定する」ことがとても重要です。

また、他にもリボ払いの利息を減らすための方法があります。“繰り上げ返済”というものです。次の項で詳しく解説します。

繰り上げ返済を多用するのがオススメ

キャッシング返済の種類は、「約定返済」「随時返済」の2つに大きく分けられます。

「約定返済」とは、基本となる“月々の支払い”のことを指します。ボーナス時の増額返済も含みますが、カードローンでは増額返済には対応していないのが一般的です。そこで、ボーナス時の臨時収入があった際には、随時返済を利用しましょう。「随時返済」とは、いつでもお金に余裕ができた際に追加で返せる“繰り上げ返済”のことを指します。

繰り上げ返済は、クレジットカードだけでなくカードローンの残高の一部だけを入金する“一部繰り上げタイプ”と、まとめて返済する“一括繰り上げタイプ”の2つの方法があります。

繰り上げ返済の利息計算は日割り計算です。つまり、1日でも早く入金すればするほど利息を減らすことが可能です。同じ金額を繰り上げするのでも、返済開始から1か月目と1年後に入金するのとでは利息額が大きく変わります。元本を減らしたほうが利息も少なくなるので、1か月目に入金した方が断然お得です。

このことからも、通常の月々の支払いだけでなく、余裕があるときには繰り上げ返済をフル活用するのが賢いでしょう。できるだけ早いうちに少しでも多く入金すれば、借入残高を大きく減らすことが可能です。

繰り上げ返済の方法

繰り上げ返済については、ネット上でも大きく取り上げる金融機関が少ないようです。中には、全く記載のない金融機関もあるほどです。なぜなら、繰り上げ返済を過剰に勧めてしまうと利息の回収額が減り、売り上げダウンになってしまうからです。つまり、利用者が得をするという性質を持っていると言い換えることができます。しっかりと利用方法さえおさえておけば、知ったものだけが有利な条件を得ることができます。

ならば、「繰り上げ返済って申請しにくい?」という疑問があがります。ですが安心してください。キャッシングでの利用では、金融機関に事前連絡をしなくてもいい方法が主流です。

キャッシングで繰り上げ返済するには、ATMを利用するのが一般的です。利用可能なATMから口座へ振り込みをする形式です。繰り上げた場合、月々の支払い以上の金額が振り込まれたという処理になります。この際には、借り入れ元本から減っていくので、完済までに計算される利息額を大きく減らすことが可能です。

少しでもお金に余裕ができたら、コツコツと入金してしまいましょう。キャッシングでお金を借りている方なら、余ったお金を普通預金口座に預けるよりもずっとお得にお金を活かすことができます。

ただし、ATMを利用する場合、振込手数料がかかります。詳しくは次の項で解説します。

返済にかかる手数料

キャッシングの返済手数料はどのくらいでしょう。 振込手数料の相場は下記の通りです。

  • 窓口:500~800円程度
  • ATM:200円~400円程度
  • インターネットバンキング:無料~400円程度

※すべて税抜き

利用方法によって手数料が変わります。また利用時間によっても手数料が変わる場合があります。ATMの中でも自動契約機を利用すればほとんど手数料が無料です。

ネット銀行やインターネットバンキングの場合、一定回数までの利用なら手数料無料としているケースもあります。ネット銀行の場合、自社のATMを設置していないことが多いので、大手バンクよりもコンビニなどの提携ATMの手数料が安く設定されている特徴があります。コンビニATMは基本的に手数料がかかりますが、人に知られず気軽に利用できるので利用者が多いようです。また、自社ATMの場合、ほとんどの金融機関で手数料が無料です。

繰り上げ返済の手数料は、200円から600円程度が相場です。少しでも安くするためには、提携ATMよりも自社ATMを利用するといいでしょう。

延滞したらどれくらいお金がかかるの?

お金を返すのが遅れてしまった場合“遅延損害金”が請求されます。遅延損害金は、金融機関によってさまざまですが、最高金利を採用しているケースがほとんどです。算出方法は日割り計算で、注意したいのは、遅延した金額だけでなく借り入れ残高全体に対してかかってしまう点です。つまり、日数が経てば経つほど請求額が大きくなります。

遅延損害金の計算方法はこのようになっています。

『借り入れ残高×遅延損害金年率÷365日×支払い日からの経過日数』

また、損害金の請求だけで済むならまだいいですが、このことは個人信用情報機関(CICなど)に延滞として記録されてしまいます。延滞の事前連絡をしていなければ、金融機関から催促の電話連絡があります。それでも放っておくと法的手段を取られる場合があります。

そうならないためにも、金融機関から連絡がある前にこちらから連絡を入れておきましょう。場合によっては、月々の返済額を減らしてもらったり、期間を延長するなどの歩み寄りによってすべてが解決する可能性があります。そのためにも、投げやりにならずに常に心証をよくしておく必要があります。

まとめ

カードローンやクレジットカードの返済に関して解説しました。最後に主なポイントをまとめてみました。

  • 銀行カードローンは普通預金口座が必要、消費者金融は口座がなくてもOK
  • ATMやインターネットバンキングの利用者が増加している
  • ATMなら人に知られずに利用可能
  • インターネットバンキングなら24時間365日出先からでも手続き可能
  • リボ払いに注意!返済期間が長くなればなるほど利息が膨らむ
  • 繰り上げ返済を上手に利用すれば利息額をグーンと減らすことができる

これらのポイントをしっかりおさえておきましょう。また、切り口を変えていくつかのカテゴリーにまとめてみました。

利用時間を選ばない

  • 自社ATMの中には深夜まで稼働しているものもある
  • コンビニATMは24時間利用可能なタイプが主流
  • インターネットバンキングなら24時間365日いつでも利用可能

手数料が無料

  • 自社ATMの利用
  • 自動契約機の利用
  • インターネットバンキングの利用

人にバレにくくするために

  • 自社ATMの利用(消費者金融の場合注意が必要)
  • コンビニATMの利用
  • インターネットバンキングの利用
  • 銀行やクレジットカードなら借金に限定されない

キャッシングに申し込みする際に、どのくらいの金利でどのくらいの金額を融資してもらえるのかということばかり気になります。その反面、返済のことをよく考えずに安易に申し込みしてしまっているケースが目立ちます。いざ利用開始となって思ってもみなかったことで困ってしまう方も少なくありません。そうならないためにも、条件を事前にチェックし、後悔しないよう準備してからキャッシングに申し込むことが重要です。

ページの先頭へ