どこなら新規申込で即日キャッシングができる?

「どうしても今日中にお金が必要になってしまった!!」
そんなときどうしますか?その日のうちに借りられると思って申込をしたものの、なかなか審査結果の連絡がなくてイライラ…そのようなことは避けたいですね。

 

今回は、即日中にキャッシングをしたい場合におすすめしたい金融機関や、申込の前に注意したいことなどをまとめました。

 

既にキャッシングができるカードが手元にあり、利用可能枠があればATMからお金を借りることができます。

 

しかしこれから契約をする場合、どれくらい日時がかかるか不安ですね。

 

新規申込をした後、その日のうちにキャッシングができる会社はどこなのでしょうか。具体的な会社の例と、対応可能な時間、曜日などをチェックしていきましょう。

 

※自動契約機の営業時間は店舗によって異なります。

 

アコムでの即日キャッシング

・審査時間/9:00〜21:00
・営業時間/8:00〜22:00
・土日の対応/可
・パート(アルバイト)申し込み/可

 

アコムはインターネットで24時間いつでも申込ができますが、審査に回答ができる時間は9時〜21時です。自動契約機は曜日を問わず8時〜22時まで営業しています。

 

審査終了までは最短で30分。振込でのキャッシングにも対応しており、楽天銀行の口座を持っていれば土日祝日でも1分程度で振込融資が受けられます。

 

アイフルでの即日キャッシング

・審査時間/9:00〜21:00
・営業時間/8:00〜22:00
・土日の対応/可
・パート(アルバイト)申し込み/可

 

アイフルはwebで申込をすると、郵送物が一切ない「web完結」を選択することができます。スマホのアプリをダウンロードすると、セブン銀行ATMでカードなしでキャッシングが受けられるようになります。そのためカードを受け取る手間がなく、スピーディな融資が可能です。

 

しかし審査の受付時間は曜日問わず9時〜21時ですので、夜中に申込をするとキャッシングは翌日になってしまうことに注意しましょう。

 

プロミスでの即日キャッシング

・審査時間/9:00〜22:00(結果連絡は21時まで)
・営業時間/8:00〜22:00
・土日の対応/可
・パート(アルバイト)申し込み/可

 

プロミスの場合、電話で申込を受け付けしている時間は夜22時までですが、審査結果が行えるのは21時までとなっています(21時以降の電話連絡は原則禁止されているため)。ですので余裕を持った手続きをおすすめします。

 

審査時間内にwebから申込をすると、最短1時間で「アプリローン」が使えるようになります。専用のアプリをダウンロードし、セブン銀行でキャッシングが可能です。また、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、土日祝日でも振込融資ができます。

 

SMBCモビットでの即日キャッシング

・審査時間/9:00〜21:00
・営業時間/9:00〜21:00
・土日の対応/可
・パート(アルバイト)申し込み/可

 

SMBCモビットはプロミスと同じ三井住友銀行系列の消費者金融ですが、対応が違います。webでの申込の場合、平日の19時以降や土日の申込は翌日以降の対応になります。急ぎの場合はwebで申込後、フリーコール(21時まで)に電話をしましょう。

 

また、SMBCモビットの契約機は消費者金融とは異なり、簡易審査を行った後にカードを発行します。実際に融資が受けられるようになるのは本審査が完了してからなので、急いでいる方は注意が必要です。

 

 

以上、数社を紹介しましたが、全て消費者金融であることにお気づきでしょうか。即日でキャッシングをしたいなら、銀行ではなく消費者金融が確実なのです。理由は次の項目で解説します。

 

即日キャッシングなら消費者金融を選ぶべき理由

申込する時間帯にもよりますが、大手の消費者金融の場合、必要な書類が揃っていて在籍確認ができれば即日で融資が受けられます。そのためキャッシングを即日でしたい場合は消費者金融に申込をしましょう。なぜ銀行だとダメなのか、その理由を詳しく説明します。

 

銀行のキャッシングは慎重になってきている

2010年に総量規制が導入され、消費者金融のキャッシングには金額の制限(総額で年収の3分の1以下)がつくようになりました。それ以降、規制対象外の銀行のカードローンが台頭し、広告も多く見られるようになりました。

 

しかし、今度は銀行のキャッシングのし過ぎが新たに問題になってしまいました。各銀行は規制に乗り出し、2018年頭には「銀行は個人への即日融資を停止する」というニュースが発表されました。

 

銀行のカードローン審査の際には警視庁へのデータベースも参照し、慎重に審査を行うようになるため、即日融資はできません。1日〜最長で2週間ほどかかりますので、急いでいる人には不向きと言えます。

 

即日キャッシングをしたい場合の注意

即日でお金を借りたいなら銀行ではなく消費者金融を選ぶことになります。しかし消費者金融なら絶対に即日キャッシングができるというわけではありません。状況によっては翌日以降になってしまうケースもありますので注意しましょう。

 

確実に即日キャッシングするには?

ではより確実に即日中のキャッシングを受けられるようにするにはどうすればいいのでしょうか。心がけたいことをいくつか紹介します。

 

ネット申し込みを使おう

一番おすすめなのがネットでの申込です。どこに居ても申込ができる上、書類に不備があった際に対応がしやすいからです。

 

確実なのはネットで入力→電話

ネットで申込をしても、時間帯によっては翌日以降の審査になってしまう場合があります。たまたま混み合っていて受付担当者の確認が遅れてしまう、ということも無いとは限りません。

 

急いでいる旨を電話で伝えよう

急いでいる場合は、どうしても今日中にキャッシングがしたいという旨を電話で伝えましょう。担当の方も急いで手続きを進めてくれるはずです。

 

プロミスやアコム、アイフルなどの消費者金融では、急いでいる際はネットで必要事項を入力した後、フリーダイヤルに電話をする方法を推奨しています。電話をすることで担当の方が即座に申込を確認でき、そのまま審査に移ることができるからです。

 

自動契約機・店舗の営業時間中に来店しよう

お近くに自動契約機などがあれば、営業時間を確認し来店しましょう。受付時間中であれば審査を受けることができます。

 

必要な書類をあらかじめ用意しておこう

自動契約機などに来店をしても、必要な書類(本人確認書類など)がなければ申込手続きができません。申込金額によっては所得を確認できる書類の提示を求められる場合があります。あらかじめ準備をしておきましょう。

 

在籍確認ができないときのことを考えておこう

キャッシングをする際は、勤務先に勤めているかどうかを確認する在籍確認が不可欠ですね。いくら即日キャッシングがしたいと思っていても、在籍確認ができないと借入ができない場合もあります。

 

小額なら借りられる可能性がある

その日のうちにどうしてもお金が必要な事情がある場合、小額ならキャッシングできる可能性があります(限度額10万円程度)。担当の方に話をしてみるとよいでしょう。

 

勤務先が分かる書類を用意しておくと安心

在籍確認がとれない場合の対応は会社によってまちまちと言われています。SMBCモビットは社会(組合)保険証を提示する、webで申込をするなど、条件を満たせば在籍確認が免除されます。持っている場合は手元に用意をしておきましょう。

 

土日でも即日キャッシングはできる?

一般的に金融機関の有人店舗は平日のみの営業ですので、土日は即日キャッシングはできないと考えられがちです。しかし実際、消費者金融なら即日キャッシングも可能です。

 

自動契約機に来店しよう

消費者金融は土日祝日でも審査受付をしています。店舗によって営業時間が異なる場合がありますので、ホームページなどであらかじめ確認をしてから来店しましょう。

 

インターネットでの申込もOK

インターネットでの申込でも即日キャッシングができる場合があります。プロミスなどカードレスでのキャッシングに対応している場合は、手続きが完了次第スマホを使ってセブン銀行ATMよりキャッシングができます。

 

即日キャッシングはいくらまで借りれる?

即日で借りられる金額は会社や審査の状況などによって異なります。ここではおおよその目安を紹介します。

 

消費者金融は他社もあわせて年収の3分の1まで

消費者金融のキャッシングには「総量規制」があります。他社含め、年収の3分の1以内の金額までしか借りられないので注意しましょう。

 

最初は10万円〜50万円が相場

カードローン形式でお金を借りる場合、最初から大きな金額を借りられるとは限りません。取引をして返済の実績を重ねることで利用可能額が上がっていきます。

 

消費者金融で最初に契約をする場合、最初の利用可能額は10万円〜高くても50万円が上限であることがほとんどです。

 

最初にあまり高い金額を希望すると、計画性がないのではと思われる可能性もありますので、希望金額は低めにすることをオススメします。

 

審査基準をあらためて確認しよう

ここまでキャッシングを即日に行うためのポイントを紹介してきましたが、ポイントをおさえても審査に通らなくては意味がありませんね。最後に審査基準をあらためて確認しておきましょう。

 

個人信用情報

金融機関でお金を借りる際は、必ず個人信用情報を参照します。そこで他の会社での契約情報が分かります。

 

他の会社で長期延滞をしていたり、債務整理や破産などをしていた場合は「異動情報」が最長5年〜10年の間登録されます。いわゆる金融ブラックと言われる状態です。ブラックの場合は申込をしても絶対に断られます。

 

他社の借入金額・会社数

先述の通り、消費者金融には総量規制がありますので、年収の3分の1を超える金額はキャッシングできません。また、借りている会社数が多い場合(3〜4件以上)も新規契約ができない可能性があります。

 

勤続年数・収入の安定性

お金を借りると、毎月一定の金額を返していくことになりますので、収入の状況は審査に大きな影響を与えます。年収の金額はもちろんですが、雇用形態も重要です。アルバイトやパートよりも正社員のほうが、勤続年数が長いほうが審査に通りやすいです。

 

即日キャッシングのまとめ

キャッシングを即日に行うには、いくつか気をつけたいポイントがありましたね。最後にまとめておさらいをしましょう。

 

大手消費者金融を利用しよう

キャッシングができるのは銀行、消費者金融など様々なパターンがあります。今は銀行での即日キャッシングはできなくなっていますので、その日のうちにお金を借りたい場合は消費者金融に申込をしましょう。大手会社なら対応が非常にスピーディです。

 

必要な書類を用意しておこう

融資の申込には、本人を確認できる書類(免許証、パスポートなど)などが必要です。申込をする前に必要書類を確認し、前もって準備しましょう。金額や審査によっては収入が確認できる書類を提出する場合もあるので、用意しておくと安心です。

 

ネット申込がおすすめ

消費者金融の申込は自動契約機でもできますが、万が一来店後に必要書類の不備などがあった場合、一度家に戻らなくてはなりませんね。ネットで申込をすれば家にいながら手続きができるのでおすすめです。急ぎの場合はネットでの申込後に電話をすると迅速に対応をしてもらえます。

 

土日祝日でも、消費者金融なら即日で融資が受けられる可能性が高いです。諦めずに申込をしてみましょう。

ページの先頭へ