審査なしのキャッシングは存在する?

ブラックリスト入りしていたり、無職だったりするとキャッシングの融資を受けられません。そのため、審査なしといううたい文句で集客している金融機関を利用したくなりますが、それらの金融業者を利用しても大丈夫なのか気になりますよね。

  • 無審査で使えるキャッシングはあるの?
  • 審査なしで安全に借りることはできる?
  • 本当にお金を借りることができる?
  • 実は裏があるんじゃないかな?

ここではそんな疑問を解決するために、審査なしのキャッシングの実態について紹介します。どこからもお金を借りることができなくて困っている人は、そのような業者からお金を借りる前に、ここで紹介する内容をしっかりと頭に入れておきましょう。

審査なしのキャッシングなんて存在するの?

まず紹介するのは、審査なしのキャッシングが本当に存在するのかどうかということです。結論から言えば、きちんとした金融業者で無審査融資をしてくれるところはありません。消費者金融などは、銀行よりは融資を受けやすいとされていますが、審査なしでキャッシングできることはありません。

中小の金融機関であれば、ブラックリストに載っていても融資してくれることもあるのですが、それでも誰にでも無条件でお金を貸してくれることはありません。お金を貸す条件は、きちんと返済してくれる人ですので、返済が危うい人に融資することは考えられません。

お金を貸してほしいと言ってきた人に、安定した収入や資産となるものがあり、返済が滞ることがないことを確認した上で、金融機関は融資を決定します。そう考えると、ブラックリスト入りしている人や、無職の人がお金を借りられない理由がわかりますよね。

健全な経営をしようと思うと、どうしてもお金を借りたい人について調べて、融資の可否を判断する必要があります。

それでは実際に無審査融資を掲げている金融機関はどうなのでしょう?「他社に断られても大丈夫」のような宣伝をよく見かけますよね。これらは実際に無審査で借りることができますが、金融機関としては正規のものではありません。

「ヤミ金」と呼ばれる金融機関で、存在そのものが違法です。それでも借りられるなら利用したいというのが、お金に困っている人の心理ですよね。では、ヤミ金からお金を借りたらどうなのでしょう?

無審査キャッシングの危険性

ヤミ金の無審査キャッシングでも、融資してくれるだけいいじゃないかと思うかもしれません。数万円の融資でも断ってくる大手の金融機関よりも、とても頼りになる存在に感じている人もいるかもしれません。

生きていくためには、お金が必要で貸してくれるならどこでもいい。そう考えている人もいますよね。でも無審査でキャッシングできるということは、どう考えても普通ではありません。

  • 違法な取り立てをされる可能性がある
  • 超高金利での融資になる
  • 借金地獄から抜け出せなくなる

ヤミ金の取り立ては、かなり厳しいことで有名です。取り立てが厳しいとされる消費者金融でも法律の範囲内でしか取り立てをすることはありません。ヤミ金で延滞をすると昼夜を問わず、手段も選ばずに取り立てを行います。

きちんと返済していれば問題ないじゃないかと思うかもしれませんが、審査なしで借りることができる金融機関は、ほぼ間違いなく高金利です。年15%や年20%といったものではなく、10日で3割というような超高金利での融資です。いつの間にか返すに返せなくなります。

例えば10日で3割の金利で10万円借りると、お金を借りる時点で利息の3万円を引かれます。手元に残るお金は7万円で、10日後には10万円返さなくてはいけません。返せなくなって、利息分だけ払う。これを何回も繰り返して借金地獄から抜け出せなくなる。これが審査なしでお金を借りるということの現実です。

審査なしと謳っている金融業者の特徴

できることならば、そのようなヤミ金業者を使わないことが一番ですが、どのような業者がそれに該当するのかわからないですよね。もしかしたら審査なしと謳っていても、危険じゃない金融機関かもしれない。そんな心理が働くかと思います。

もし無審査融資の金融業者を利用したくなったら、次のポイントをチェックしてみましょう。

  • 電話番号が固定電話ではない
  • 貸金業者登録をしていない
  • 金利が年20%を超えている

最も分かりやすいのは、ホームページやダイレクトメールなどに記載されている電話番号が固定電話ではなく、携帯電話になっていることです。正規の金融業者は必ず固定電話の番号を所持しています。携帯電話の番号はすぐに変えることができるため、危険な業者である可能性がかなり高いと考えてください。

また貸金業者登録をしていませんので、国への届け出をしていません。このため登録番号を持っていません。ホームページなどで登録番号を記載していない金融業者は気をつけましょう。ただし、登録番号を持っていれば安全というわけではありませんので、ひとつの目安としてください。

また金利が年20%を超えれば、それだけで違法です。違法な金利で営業している金融機関はヤミ金だと考えて間違いありません。

このような特徴のある金融機関が、審査なしでのキャッシングが可能だと言っていたら、安易に融資を受けようとしないでください。上記にあるように、借金地獄から抜け出せなくなる可能性があります。

なぜ審査なしでお金を貸し出せるのか?

そもそも審査を行うのは、きちんと返済できるかどうかの確認をするためです。そのためどのような金融機関でも審査なしということはできません。それではヤミ金などでキャッシングができる理由はどこにあるのでしょう?ヤミ金業者は貸し倒れリスクが怖くないのでしょうか?

もちろんヤミ金業者でも、貸したお金が返ってこないと商売として成り立ちません。そのため、彼らは独自の方法で融資を行っています。そのひとつが高金利であることです。10日で3割の金利なら、数字上は融資の3割まで貸倒れに耐えられます。

実際に3割も貸倒れとなる可能性はありませんし、しかも最初の融資は1万円からといったように、小額の融資から行います。ヤミ金で、いきなり50万円貸して欲しいと言っても、担保になるものがなければ、まずキャッシングを断られます。

さらに、返済日に返せなくなった人には、利息だけの返済を勧めます。それを4回繰り返したら、融資したお金を回収することができます。この生かさず殺さずのバランスが絶妙で、簡単には貸し手を潰すようなことはしません。

審査なしにしているのは、借りやすくしているのではなく、集客をするための宣伝文句のようなものです。実際には、絶対に返すことが出来ない人にはヤミ金業者でも、お金を貸すようなことはありません。独自の基準で判断をして、1円でも搾り取れる人に融資をします。

無審査のメリット・デメリット

審査なしでお金を借りられるのは、裏があるということを理解してもらえたと思います。ここでは一度、無審査キャッシングのメリットとデメリットという形で、ここまでの説明をまとめておきます。

メリット

・他社で断られた人でも利用できる

審査なしでお金を借りることができるメリットはひとつだけです。どこからもお金を融資してもらえなくなった人でも、お金を借りることができるということです。実際にそれで救われたという人もいないわけではありません。

ただし、そのような金融機関から借りた結果、自己破産にまで追いやられてしまう人も少なくありません。結果的に債務整理の先送りをしただけということがありますので、絶対に返済できる自身がない場合は、お金を借りられることが必ずしもメリットになるわけではありません。

デメリット

  • 金利が高い
  • 取り立てが厳しい
  • 高額な融資は受けられない
  • 個人情報が流出する

利息が高いことや取り立てが厳しいこと、そして借りられる金額が少ないことはすでに紹介しましたが、デメリットとしてはそれだけではありません。このような業者を利用すると個人情報が同業者に広まります。

このため他のヤミ金業者などから、融資のお誘いなどが頻繁にやってくるようになります。個人情報も違法な金融機関にとっての貴重な収入源です。そのようなリスクがあることをきちんと理解しておきましょう。

審査の手間の少ないキャッシング紹介

リスクがあっても、審査なしでキャッシングできるのはやはり魅力的ですよね。在籍確認などももちろんありませんので、周りに知られることなくお金を借りることもできます。でも、審査がそれほど大変ではない金融機関もあります。その代表的なものを紹介します。これらの金融業者は貸金業者登録をしてあるれっきとした会社です。法律に則って営業をしているので安心です。

モビットのWEB完結なら在籍確認なし

モビットのWEB完結なら、職場への連絡なしに融資を受けることができます。申し込みから融資まで、すべてをインターネット上で行なえますので、自由な時間に申し込みをすることも可能です。申し込みの手間などが少ないおすすめのキャッシング商品のひとつです。

プロミスの即日融資

審査が甘いわけではありませんが、プロミスの即日融資であれば、主婦でもお金を借りることができます。またWEB完結でとてもスピーディーにお金を借りることができます。カードレスにもできますので、借りたことがバレにくいという特徴もあります。

この他にも即日融資を売りにしている金融機関がいくつかあります。即日融資が可能な金融機関で、数万円程度の融資の場合は、審査の手間はほとんどありません。

お試し審査で事前確認

大手金融機関の多くが、お試し審査を用意しています。お試し審査は簡易的な審査で、細かい数字を入れることなく、大まかな審査結果を判断できるサービスです。もちろん職場への在籍確認などはありませんので、安心して利用することができます。

審査に通る方法

いくら審査手の手間がほとんどなくても、やっぱり審査落ちが気になりますよね。審査落ちを一度でも経験すると、審査なしでキャッシングできる金融機関を利用したくなります。でも一度くらい審査に落ちたくらいで諦める必要はありません。

金融機関がお金を貸したいという条件を整えることができれば、ステータスの低い人でも審査に通ることもあります。

安定した収入を確保する

安定した収入があること。これが審査に通るための最優先事項です。収入がない人や不安定な人は融資を受けることができません。また収入に見合った額の融資を依頼することも大切です。年収が200万円の人が200万円無担保で借りることはできません。

ひとつの目安として、年収の1/3をひとつの基準として融資希望額の申請を行いましょう。安定した収入があり、収入に見合った融資額であれば、審査に通過する可能性はとても高くなります。

他社借入件数を減らす

お金に困っている人の多くが、複数の金融機関からお金を借りています。お金を貸す側は、この状態をとても嫌います。お金の管理がきちんとできていないのと、多重債務者として債務整理する可能性があるためです。

キャッシングの審査に通したいの出れば、他社借入件数を3~4社以下にするようにしましょう。繰り上げ返済などを活用して、できるだけ借入件数を減らすことで、審査に通りやすくなります。

大手キャッシングとの違い

審査なしでお金を借りることができる無審査キャッシングと、大手金融機関のキャッシング。利用するなら大手がおすすめですが、それでは両者にどのような違いがあるのでしょう?あえて大手を選ぶ理由はあるのでしょうか?

金利が違う

まず最大の違いは金利です。無審査の場合は金利が法外なものになりますが、大手のものは最大でも年20%を超えるようなことはありません。審査なしでヤミ金から借りる場合は、10日で30%の金利というのも珍しくありません。

金利の低さは返済のしやすさですので、多少審査が面倒でもそちらから借りるほうが、確実な返済を期待できます。

滞納時の対応が違う

滞納は絶対に避けたいところですが、急な入院などで返済が遅れることもあります。そういうときに無審査で借りた場合は、とても厳しい取り立てを受けます。大手の場合でも取り立ては厳しいのですが、違法な取り立てをされることはまずありません。

借りられる額が違う

大手の場合は数十万円程度であれば、審査もそれほど厳しくなく主婦でも借りることができます。それに対して、無審査の場合で借りることのできる金額は数万円です。しかも利息を引いた上で融資を行いますので、借りられる金額はとても少ないものになります。

まとめ

正規の金融機関でお金を借りるときは、必ず審査があります。「審査なしで融資」としている場合は、ほとんどがヤミ金業者です。実際に無審査でキャッシングが可能なのですが、借りられる額がとても少なく、しかも金利は法外です。

そのような金融機関でキャッシングをするメリットは、他社で断られた人でもお金を借りることができるということだけです。お金を借りても、金利が高いため返済が苦しくなって、最終的には返済できなくなってしまいます。

そうなったときの取り立てはとても厳しいもので、日常生活を脅かされる可能性があります。きちんと返済できれば問題ありませんが、ほとんどの人が返済できずに、利息のみを返し続けて、金融機関に財産をギリギリまで搾り取られます。

それらの危険な金融機関を利用するのではなく、できるだけ正規の金融機関で審査を受けるようにしましょう。審査なしでお金を借りることができる正規の金融機関はありませんが、在籍確認の電話のない金融機関などはあります。

また、きちんと条件を整えていれば、正規の金融機関からでもお金を借りることができます。一度審査落ちした人でも、諦めずに環境を整えたうえで、再度の審査を受けてみましょう。

ページの先頭へ