家族にバレたくないなら郵送物なしのキャッシングがおすすめ

郵送物なしでキャッシングしたい

キャッシングでお金を借りようと思う人は、家族にバレたくないと思うのが普通でしょう。そもそも家族に借りれないからキャッシングをするわけで、お金に困っていることを知られたくないのです。家族にバレないようにするには郵送物なしのキャッシングを選ぶといいと言われていますが、いったいどういうことなのでしょう。

  • なぜ郵便物で家族にバレるの?
  • どんなものが送られてくるの?
  • 郵送物なしのキャッシング会社を知りたい
  • 郵送物を届かないようにできる?

ここではそんな疑問を解決するために、家族にバレずにお金を借りる方法を紹介します。郵送物なしのサービスを利用するのはもちろんですが、郵送物以外で家族にバレるケースなどもあります。その対処法も含めて紹介しますので、誰にも知られずにお金を借りたい人はぜひ最後までチェックしてください。

家族にバレる理由の大体は郵送物

キャッシングをしたことが家族にバレる原因のほとんどが郵便物によるものです。金融機関からお金を借りれば契約書などの書類が送られてきます。それを見た家族に不審がられて、お金を借りたことがバレてしまうケースがほとんどです。

特に夫婦の場合は、どちらかの外出時に郵送物を勝手に開けてしまう事故が発生します。自分で先に回収できればいいのですが、妻が専業主婦の場合はそれもほぼ不可能です。

一部の消費者金融では会社名をわからないようにして郵送物を送っているケースもありますが、それでも郵便物の送り先をインターネットでチェックすると、すぐに消費者金融だとわかります。このように、自分以外の誰かが先に郵送物に気づくことで家族にバレてしまいます。

キャッシングではどんな時に郵送物が届くのか?

キャッシングをすると、どのような郵送物が家に届くのでしょうか。送る必要のないものであれば、できれば郵便物なしにしてもらいたいですよね。金融業者から届く郵送物の代表的なものは下記のとおりです。

  • ローンカード
  • 契約書
  • 利用明細書

その他にも書類が送られてくることもありますが、基本的にはこの3点がキャッシングを利用するときに送られてくる郵送物です。

ローンカードは、お金を借りるときに必要なカードです。カードを使ってお金を借りるから「カードローン」と名付けられているように、消費者金融や銀行でキャッシングをするときに重要になるアイテムですので、ATMや契約機に発行機能がない場合は自宅に送られてきます。

お金の貸し借りですので、貸す側も借りる側もきちんとした契約書を手元に持っておかなくてはいけません。何かトラブルが発生したときには、その契約書をもとに請求を行ったり話し合いを行ったりしますので、金融業者は利用者に対して契約書を送ります。

また、どれくらいのお金を借りて、いくら返済しているかを利用者に把握してもらわなくてはいけませんので、毎月の利用明細書も郵送物として送られてきます。利用明細書は確実にお金を借りたことがバレてしまいますので、一番隠したい郵送物でもあります。

郵送物なしでキャッシングを契約する方法

家族にバレないようにキャッシングをするときに、郵送物がどれくらい厄介な存在なのか少し理解できたかと思います。そこで、郵送物なしにできるならその不安は解消できますよね。実は家に郵送物を送られることなくお金を借りることができます。

郵送物なしの金融業者を利用する

最も簡単な方法は、郵送物なしで対応してくれるキャッシング業者を選ぶことです。郵送物により家族にバレる可能性が大きいことは金融業者も把握しています。そのため、より借りやすい環境を作るために、消費者金融を中心に郵送物なしでお金を借りられる金融業者が増えています。

自動契約機がある業者や、ローンカードを発行せずに銀行口座に直接振り込む”WEB完結”で融資をしている金融業者がこれに該当します。どのような金融業者があるかについては、のちほど詳しく説明します。

キャッシュカードにローン機能を持たせる

もうひとつの方法が、キャッシュカードにローン機能を持たせることです。これは銀行のカードローンだけで使うことのできる方法です。一部の銀行ではローンカードを発行せずに、普通預金口座のキャッシュカードにカードローン機能を持たせることができます。

そうすることで、ローンカードは郵送されることもなく利用明細書なども送られてきません。Webのマイページで確認ができるので、紙の郵送物を送る必要がないのです。

郵送物なしで契約できるキャッシング会社紹介

それでは実際に、郵送物なしで契約できるキャッシング会社をいくつか紹介します。

プロミス

金利:年4.5%~17.8%
利用限度額:500万円

プロミスのWeb完結を利用すれば、郵送物なしで融資を受けることができます。契約から融資までをすべてインターネットで行うことが可能で、申し込み時にカード不要としておくことで、カードの発行なしでお金を借りることができます。

ローンカードくらいなら、無人契約機を使えば家に送られてこずに済むじゃないかと思うかもしれませんが、カードが財布に入っていると家族にバレてしまうこともあります。

家族にバレないようにするポイントは、秘密の銀行口座を作っておくことです。プロミスのWeb完結は口座を使ってのお金のやりとりになるため、家族で使っている口座を利用すると確実にバレてしまいます。プロミス専用口座を作っておきましょう。

アコム

金利:年3.0%~18.0%
利用限度額:800万円

アコムでは大々的に「郵送物なし」をアピールをしていません。それでも利用方法によっては家族にバレずにキャッシングすることができます。重要なことは、申し込みをした後にかかってくる電話で、「家族にバレないようにしたい」と告げることです。

珍しいことではありませんので、オペレーターは家族にバレないように利用する方法を詳しく説明してくれます。具体的には、ローンカードの受け取りを無人契約機「むじんくん」に指定することと、利用明細書を送られないように設定することです。

ちなみに、アコムからの郵送物はACサービスセンターから送られてきますので、「アコムから送られてきた」ということがすぐにバレることはありません。ただし、インターネットで調べられるとすぐにアコムとわかりますので、基本的には郵送物が発生しない形で契約を進めましょう。

モビット

金利:年3.0%~18.0%
利用限度額:800万円

モビットは早くからWEB完結に対応していた金融業者です。通常の申込みを行うと他の金融業者と同じように郵送物が発生してしまいますが、WEB完結にすることでローンカードの発行もなくスマホから利用することができます。

しかも勤務先への電話連絡もありませんので、家族だけでなく職場にもお金を借りたことがバレることもありません。誰にも知られずにお金を借りることができる。それがモビットのWEB完結です。

ただし、利用するためには三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の普通預金口座が必要です。いずれかに口座を作るという手間が発生します。またメインバンクとしてそれらの銀行口座を使っている場合は、家族に利用がバレてしまいます。別口座を作って、そちらで利用するようにしましょう。

キャッシング利用中に郵送物が届いてしまう場合

契約をするときにローンカードや契約書が送られてくることを理解できて、それを回避する方法も分かってもらえたかと思います。次に気をつけたいのは、キャッシング利用中に郵送物が届くというケースです。すでに紹介した利用明細書も含めて、どのようなケースで何が送られてくるのかについて説明します。

利用明細書

一番隠したい郵送物として利用明細書を紹介しましたが、もう少し詳しく説明しておきます。クレジットカードでは利用明細書が送られてこなかったり、有料での発行になったりしています。それでも、金融業者は貸金業法により、原則として紙媒体で利用明細書を発行しなくてはいけないのです。

しかし、金融業者によって利用明細書の扱いが違います。申し込みをする前に、郵送での利用明細書を止められるかの確認をしておきましょう。別の方法で利用明細書を確認する方法に切り替えてくれる場合があります。

督促状

いくらWEB完結のキャッシングを利用していても、返済が滞ると督促状が送られてくることがあります。滞納したからと言って、すぐに督促状が送られてくるわけではありませんが、督促状が家族に見つかるというケースがよくあります。

さらに督促を無視していると裁判所から訴状が届きます。こうなると、家族に隠しておくのはほとんど不可能です。

郵送物を届かないようにする方法

キャッシング利用中でも郵送物が送られてくる可能性について、ある程度把握できたかと思います。それでは、その郵送物が届かないようにするにはどうすればいいのでしょうか。ここではその方法について説明します。

利用明細書を届かないようにする

金融業者によって利用明細書を止める方法は違いますが、基本的にはWEB完結の金融業者を利用すれば紙の利用明細書が届かないようにできます。Web明細は消費者金融だけでなく銀行も対応していますので、この手続きだけは忘れないようにしましょう。

注意点は、家族で共有しているパソコンでWEB明細を確認しないということです。ログインにはパスワードが必要なので見られることはありませんが、頻繁に金融業者のサイトにアクセスしていると、家族に不審がられますので注意してください。

督促状を届かないようにする

督促状が届かないようにするには、きちんと返済を続ける。これが基本的な対策です。それでも、どうしても返済できないときや、返済を忘れてしまうときがありますよね。そんなときにはきちんと金融業者からの電話に出て、しっかり対応するようにしましょう。

怒られるのかと不安になって、電話に出ないと自宅に督促状が送られてきたり、電話をされることもあります。このため、もし滞納してしまったらきちんと携帯にかかってきた電話に応対をして、なるべく早く滞納の状態を回避してください。

なぜ郵送物が必要なのか?

そもそも郵送物というのは金融機関にとっても利用者にとっても厄介なものでしかありません。家族にバレるリスクを背負うのは嫌ですし、できれば金融業者だって郵送物なんてないほうが無駄なコストもかかりませんのでそうしたいところです。

しかし、お金の貸し借りは貸金法により、契約書や利用明細書を発行しなくてはいけないというルールがあります。銀行も銀行法によって同じように決められています。

そもそもは窓口での申込みや契約だったキャッシングですが、時代の流れとともにインターネットが活用されるようになってきました。窓口では対面で説明することもできますし、書類をその場で手渡しすることもできますが、インターネットの場合はそうもいきません。

借り入れや返済に関する注意事項を、インターネットの画面だけですべて説明することはとても難しく、契約書類や利用明細書にも細かいルールがあるため、どうしても郵送物なしにすることができない状態が続いていました。

ところが最近は、利用者の承諾があれば郵送物ではなくWEBでの開示で対応できるようになっています。これからはさらにその流れは加速していきますので、郵送物無しでキャッシングできる金融業者が増えていくかもしれません。

郵送物以外で家族にキャッシングがバレる場合

家族にキャッシングがバレるのは郵送物だけではありません。せっかく郵送物を止めたのに、そこでバレてしまうと困りますよね。ここでは郵送物以外で気をつけるポイントを紹介します。

  • 自宅への電話
  • 滞納
  • 通帳の記録
  • ローンカード

自宅への電話は連絡先を自分の携帯電話にすれば、かかってくることはほぼありません。しかし先程紹介した滞納のケースでは、自宅に電話されることがありますので注意しましょう。

また、キャッシングは銀行の普通預金口座を利用しますので、その口座でのお金の動きをチェックされると家族にバレてしまいます。家族に秘密でお金を借りたい場合は、新しく銀行口座を作り、通帳の存在がバレないように隠しておきましょう。

また、財布にローンカードを入れておくと、家族と買い物をするときなどに気付かれてしまうことがあります。使い勝手が悪くなってしまいますが、基本的にはカード発行なしのサービスを活用しましょう。どうしてもカードが必要な場合は、普段は持ち歩かず、絶対にバレない場所に保管してください。

まとめ

キャッシングをするときは、誰にも知られたくないものです。特にその中でも絶対に知られたくないのが家族ではないでしょうか。家族にバレても大丈夫なら、そもそもお金がないことを相談しますよね。それができないから金融業者から借りるわけです。

金融業者からお金を借りたことが家族にバレる最大の理由は郵送物の存在です。郵送物にはローンカードや契約書、利用明細書などがあります。これらは基本的に貸金法などによって発行が義務付けられていますが、利用方法によってはそれらを送られてこないようにすることが可能なのです。

家族にバレずにキャッシングをするためには、WEB完結で借りられる金融業者を選びましょう。WEB完結であれば、郵送物が家に送られてくることもなく、なおかつローンカードなしでお金を借りることができます。お金を借りている形跡を残さないので、家族にバレる心配はいりません。

ただし、滞納をすると家に督促状が届いたり、裁判所から訴状が届いたりすることがあります。もし滞納してしまっても、携帯電話にかかってくる電話を無視せずに、返済に向けて誠実な対応をおこないましょう。携帯電話への連絡を無視していると、家に電話がかかってくることもあります。

そして、家族にキャッシングがバレるのはそれだけではありません。預金通帳の入出金記録に返済履歴が残ることや、財布に入っているローンカードが見つかってしまうことなども考えられます。あらゆる可能性を考慮して、リスク回避をすることが重要です。

ページの先頭へ