土日にキャッシングする方法

大手銀行や大手消費者金融などのキャッシングなら申し込んだ日に即日融資してもらえることも可能です。ただし、それは平日のこと。土日でも急にお金が必要になった場合は、どのような方法があるのか探ってみたいと思います。

お金を借りるには、申し込み⇒審査⇒カードの受け取り⇒ATMで引き出しという行程が必要です。

審査が終了すればすぐにローンカードを発行してもらえます。カードさえ発行出来ればATMからお金を引き出すことが可能です。

しかし、ネットなどから平日以外に申し込むことはできても、場合によってはカード発行が翌日以降に先送りされてしまうこともあります。どうしても土日にキャッシングしたい!申込みから引き出しまでスムーズに行いたい!そのためには、すべての行程をクリアできる金融機関を選ぶことが重要です。

数年前に比べ、金融業者全般を通じて平日以外の対応が柔軟になりました。中には大手バンクでも土日にカードを作ることができるケースもあります。また、大手消費者金融なら無人契約機の導入によって短時間でカードが発行することが可能です。もちろん、平日以外でも申し込みから引き出しまでが十分可能です。

キャッシングに申し込む場合、原則審査が必要です。土日に申し込んだ場合、審査してもらえるのかが気になるところです。次の項で詳しく解説します。

土日のキャッシング、申し込みから審査まで

一般的に銀行では平日以外に審査を行わない傾向があります。そんな中、注目すべきは消費者金融です。消費者金融は、基本的に平日休日関係なく営業しています。中でもシステムができあがっている大手消費者金融がおすすめです。大手消費者金融と言えば、【アコム、モビット、プロミス、レイク、アイフル】などが有名です。

それぞれ無人契約機を設置しているので、対面せずに借り入れまでができます。申し込みは夜の20時、遅くとも21時くらいまでなら即日融資の可能性があります。終業時間の1時間前くらいが目安です。ただし、念には念ということを考えればもっと早い時間の申し込みに越したことはありません。

ネット申し込みの場合、24時間365日いつでも申し込みが可能です。しかし、翌日の処理になってしまうことがあります。どうしても今日中にカードを発行したい場合、20時までの申し込みが最低条件と考えたほうが無難です。ただしネットで申し込んだ場合、カードの受け取りは無人契約機で行います。場合によっては、直接無人契約機に向かった方が早いこともあります。

  • 20時までの申し込み・・・◎
  • 21時までの申し込み・・・○(店舗の営業時間による)
  • 22時までの申し込み・・・△(かなりきわどい)
  • 22時以降の申し込み・・・×

申し込みが受理されれば次は審査です。カードローンの審査には原則として会社の在籍確認(電話確認)が必要です。しかし、中には例外もあります。詳しくは次の項で詳しく解説します。

土日の在籍確認はどうなる?

審査でもっともネックとなるのが会社の在籍確認です。キャッシングの審査では原則として在籍確認が不可欠です。もし、土日に会社が休みであれば在籍確認ができません。すると、審査回答が週明けになってしまうので、土日融資ができないこともあります。

ですが、例外があります。銀行は在籍確認ができなければカード発行は難しいでしょう。しかし、消費者金融なら在籍確認ができなくとも融資が受けられる場合があります。たとえば、自営業者への対応・最小限度額の融資・書類の提出などの条件に対応しています。

自営業者への対応の場合、基本的に在籍確認が行われないこともあるので、状況に応じて即日融資が可能です。ただし、自営業者でも融資をしているカードローンのみの対応です。

最小限度額の融資は、在籍確認ができなくとも、仮の限度枠を与えてくれる場合があります。ただし、通常の限度枠よりも大きく減額されます。希望通りの融資額に至らないこともあります。

書類の提出は、在籍確認ができない場合、その代わりに“健康保険証”などを提出することでカードを発行してもらえることがあります。健康保険証が一般的ですが、給与明細や社員証などの提出が求められる場合もあります。

上記で説明した“最小限度額の融資”を含めて、土日のキャッシングで借りられる限度額について、次の項で詳しく解説します。

限度額は平日申込と変わるの?

土日にキャッシングに申し込んだ場合、在籍確認が取れる日までローンカードを発行してもらえないことがあります。その場合は借り入れができません。そんな中、在籍確認ができなかった場合でも、仮の限度額を与えてもらえる消費者金融があります。

たとえば、在籍確認ができなくとも10万円程度の限度額を与えてくれます。これならすぐにカードが発行されます。無人契約機でカードを受け取れますので、ATMなどからお金を引き出すことができます。その場合、後日在籍確認が必要です。在庫確認ができた時点で限度額を30万円~50万円ほどに増枠するなどの対応をしてくれます。

また、銀行や消費者金融などのホームーページで、限度額が“最大数百万円”という広告を見たことがあるでしょう。しかしカードローンの場合、最初から百万円台という限度枠がもらえることはほとんどありません。最初は30万円~50万円程度が相場です。このことは土日に関係なく言えることです。

あと、もうひとつの注目しておきたいのが、無利息になる限度額です。たとえばレイク(新生銀行)では、借入額のうち5万円を限度に180日間無利息です。もちろん、土日の申し込みやキャッシングにも対応しています。

コンビニATMが便利

キャッシングするならATMの利用がほぼ常識になりました。そんなATMにも「銀行ATMとコンビニATM」があります。平日の昼間ならどちらでもさほど変わりありませんが、土日のキャッシング利用ならコンビニATMが便利です。

コンビニATMの良い所は、なんといっても24時間いつでもお金が引き出せることです。深夜にお金が必要になっても時間に関係なく利用できるので便利です。もちろん、平日をはじめ土日祝日でも利用可能です。さらに、明るい店内にあるので治安面から見ても安心です。

また、銀行カードローン、消費者金融カードローン、クレジットカードなど、さまざまなキャッシングに対応しています。つまり、コンビニのATMを利用しているところを他人に見られても、銀行の普通口座の利用なのか、消費者金融カードローンの利用なのかがわかりません。特に、知人に出くわすことが多い地方などでは、妙な誤解をまねく心配がない点でも重宝します。

コンビニによっても提携している金融機関が異なります。セブンイレブンなら“セブン銀行ATM”、ローソンなら“ローソンATM”、ファミリーマートなら“イーネットATM”が設置されています。それぞれのコンビニATMと提携している金融機関のカードなら、いつでも利用が可能です。

手数料が気になるところです。中には、完全無料でキャッシングできるカードローンもあり、今後はますます増える傾向にあります。たとえば、カードローンレイクなら、全国の提携コンビニATMの手数料が完全無料です。みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなら、月4回までの手数料が無料です。

土日でも振込キャッシングを利用する方法

キャッシングするにはコンビニATMが便利という話をしました。その他のキャッシング方法に振込キャッシングというものがあります。

振込キャッシングとは、銀行や消費者金融のカードローンから銀行の普通預金口座に直接振り込んでもらう方法です。この方法なら、多額のお金をATMから引き出して持ち歩く心配がありません。そんな中、土日でも振込キャッシングを利用する方法を解説します。

振込キャッシングの申し込み方法は、インターネット(パソコン・スマホ・携帯)などから24時間365日いつでも好きな時に行えます。自宅で完結するのでとても便利です。月曜日の引き落としに間に合わせたい場合、土日でも手続きができるので安心です。

土日に振込キャッシングの手続きはできても、振込は翌営業日になるのが一般的です。即日振込が可能なのは平日14時までの申し込みということが原則です。ただし、例外があります。土日でも即日振込が可能な場合があります。

たとえば、プロミスのカードローンなら、土日の手続きでも即日振込してもらうことが可能です。ただし、振込先の銀行が【三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行】に限定されます。また、アコムのカードローンなら【楽天銀行】に限定されます。銀行系のカードローンでは、楽天カードローンの場合、系列会社である【楽天銀行】のみの振込に対応しています。

このように、土日に振込キャッシングの手続きをすることは可能です。しかし、即日振込みを希望する場合、提携する銀行がどこかが重要です。さらにその銀行の普通預金口座を所有していなければなりません。

キャッシングは、カードローンだけでなくクレジットカードでお金を引き出す方法があります。次の項で詳しく解説します。

クレカキャッシングなら土日もすぐに使える!

キャッシングでもうひとつ忘れてはいけないのが“クレジットカード(クレカ)”です。カードローンと金利面でもさほど変わりません。限度枠はカードローンよりも少ないですが、通常のちょっとしたお金の引き出しなら非常に便利です。月々2000円からの少額返済が可能なので、借金という意識を忘れてしまいがちですが、そこだけ気をつければ非常に便利なサービスです。

クレジットカードなら土日に関係なくカードも発行できます。お金も即日引き出せるものが多いのが大きなメリットです。なぜならクレジットカードはデパートなどの商業施設、つまり土日営業している企業がおもに発行しているからです。

申し込みは、直接店舗に訪問する方法や、ネットで申し込んでカードを店舗にもらいに行く方法があります。カードさえあればATMなどからすぐにお金を引き出すことができます。ただし、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。お金を引き出せるのはキャッシング枠の限度内とされています。中には、審査でショッピング枠のみ承諾され、キャッシング枠の限度が与えられないケースもあります。

利用方法を簡単に説明しましょう。ATMで引き出す場合、「カードを挿入⇒“引き出し“を選択⇒暗証番号を入力⇒返済方法を選択⇒引き出したい金額を入力」という手順です。

ATMによっては引き出しという項目以外からスタートする場合があります。返済方法は一括払いかリボ払いを選びましょう。

今すぐ土日にキャッシングを使う方法

コンビニATMなどの設置が拡大する中、土日でもATMからキャッシングすることが容易になりました。しかし、カードを持っていなければ、ゼロから新規で申し込みしなければなりません。

平日なら、申し込みからカード発行まですぐにできる金融機関が多いので、選択肢の幅が広がります。しかし、土日に契約するとなると金融機関が限定されます。どの会社にするかを決めるだけでも手間と時間がかかってしまいます。急にお金が必要になってから「あっ!今日は土曜日だった」とあたふたするよりも、カードローンの選択肢が多い平日に契約しておくのがおすすめです。

  • 急な飲み会や交流のための費用
  • 緊急で遠距離の実家に帰るための交通費
  • お香典につつむお金
  • 水回りのトラブル・修繕費

いつ何時これらのような急な出費が必要になるかわかりません。また平日の契約なら、銀行のカードローンも選択肢のひとつにできます。銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンよりも低金利です。じっくりとてんびんにかけて一番お得なものを選ぶのが賢い方法です。中には、10万円の融資でも金利が10%以下に設定されているものもあります。

消費者金融別の利用状況

土日のキャッシング申し込みは、銀行よりも消費者金融の方がよりスムーズです。銀行でも土日に審査を行っているところはあるものの、在籍確認を絶対条件としているのがネックです。そんな中、柔軟性の高い消費者金融について何社か解説します。

プロミス

プロミスは、原則として在籍確認が必要です。しかし、土日に会社が休みで在籍確認が難しい場合、臨機応変に対応してくれます。場合によっては、週明けに在籍確認をする条件でお金を融資してもらえる可能性があります。また、電話確認をしないでほしいことを先にお願いしておけば、別手段で対応してくれる場合もあります。

申し込みは無人契約機が便利です。22時まで営業する店舗もありますが、できたら20時までの手続きが無難です。遅くとも21時までに手続きを済ませるのがおすすめです。

モビット

モビットは、ある条件を満たせば在籍確認なくとも、土日の即日融資が可能です。条件とは、「給与明細や会社の保険証」の提出です。それに加え、三菱東京UFJ銀行もしくは、三井住友銀行の普通預金口座があるということも条件です。

アコム

アコムの場合、在籍確認ができない場合には、限度額を少なくして融資してくれます。週明けに会社への在籍確認ができた際に、通常の限度額に増額されます。ただし、限度額は人によっても違うので審査結果に従いましょう。

まとめ

土日キャッシングの申し込みから融資まで解説しました。ざっくりとですが内容をまとめてみます。

  • 土日のカードローン審査なら消費者金融が便利
  • 即日融資には無人契約機を上手に活用する
  • 在籍確認ができなかった場合でも仮の限度枠が与えられる消費者金融もある
  • 土日のキャッシングならコンビニATMが便利
  • クレジットカードは土日でもキャッシング可能

土日にどうしてもお金が必要になった場合、お金を調達するための色々な方法があることがわかっていただけたかと思います。土日でもキャッシングできるカードローンを作っておけば、いざという時に助かります。できればじっくりと低金利のカードローンを吟味し、お得にお金を借りることができるよう事前準備しておくのが賢明です。

ページの先頭へ