専業主婦でも借りられるキャッシング紹介

主婦でも使えるキャッシング

金融業者がお金を貸す対象は原則として、安定した収入があり約束通りに返済してくれる人だけです。そうなると、専業主婦のように収入のない人は、金融業者からキャッシングなどでお金を借りることができないことになります。

  • 主婦でも利用できるキャッシングはないの?
  • お金を借りられるならいくらまで?
  • 夫にバレずにお金を借りられる?
  • 主婦の場合は審査が厳しい?

自分の収入のないからこそ、そのような疑問が湧いてきますよね。ここではそんな疑問を解決するために、主婦とキャッシングの関係について説明します。夫の収入が少なく生活費が不足して困っている人や、夫に言えない急な出費が発生した人は、ぜひ参考にしてください。

主婦でもキャッシングは利用できる

主婦でも銀行や消費者金融からキャッシングできるのか。お金に困ったときに気になる最大のポイントですよね。専業主婦のようにパートやアルバイトもしていないという方は、お金を借りることができないと思いがちですが、実は必ずしもそういうわけではありません。

金融業者の中でも、積極的に融資をしてくれる業者がいくつもあります。収入もないのになんでお金を貸してもらえるのか。金融商品の仕組みを少しくらい知っている人なら、不思議に感じますよね。返せるあてのない人に金融業者がお金を貸すことは考えられません。

特に消費者金融は、総量規制によって年収の1/3までしか融資してはいけないというルールができてからは、収入のない人への貸し付けはほとんどできなくなりました。それではやっぱり、主婦がキャッシングをするのはムリではないかと思うかもしれません。

ところが、さすがにそれでは厳しすぎるということで、夫婦の場合は配偶者貸付といって、夫婦の年収を合算して、夫婦に対する融資額を決めるという救済措置が取られています。お金を借りるのは妻でも夫でもかまいません。

また、銀行の場合は総量規制の対象外ですので、融資額が年収に縛られることはありません。このため、銀行は収入のない人へも融資が可能です。ただし、現実的にはお金のない人への融資は行いません。その代わり、消費者金融と同じように夫の収入を考慮した融資をしてもらえます。

主婦がキャッシングで借りれる額は?

ここまでで、主婦であってもキャッシングできるということを理解してもらえたかと思います。次に、どれくらいの額まで融資を受けることができるのかについて説明します。

安定収入のある主婦の場合

まず、主婦でも安定収入がある場合について説明します。安定収入というのは、正社員としての収入でなくてもかまいません。パートやアルバイトという働き方でも、何年も続いているならそれは安定収入として考えてもらえます。

この場合は、年収の1/3が最大融資額の基準です。これは総量規制によるものですが、総量規制の対象外の銀行でも、自主的な判断で同様の上限を設けています。年収が90万円あるとするならば、融資を受けられるのは30万円までです。

専業主婦で収入がゼロの場合

収入がゼロの場合は、すでに紹介した配偶者貸付によって夫の年収をベースに融資を受けることができます。夫の年収が600万円あるなら、夫と妻の収入を合算して、600万円+0万円=600万円が夫婦の収入と考えます。融資可能額はその1/3で200万円です。

安定収入があるよりも、仕事をしていないほうがたくさん借りられて有利ではないかと思うかもしれませんが、そうではありません。安定収入があれば、同じように夫婦の収入を合算して融資額を増やすことができます。ただし、この場合は融資を受けるときに夫の同意書を提出しなくてはいけません。

主婦がキャッシングでお金を借りる方法

それでは次に、実際にお金を借りる方法について説明します。こちらも収入の有無によって違いますので、それぞれ個別に説明します。

安定収入のある主婦の場合

安定収入のある主婦の場合は、普通の人がキャッシングするのと変わりません。

  1. 金融業者選び
  2. インターネットなどで申し込み
  3. 審査
  4. 審査に通過した場合は書類の提出
  5. ローンカードの発行
  6. 融資開始

まずは金融業者を選び、利用したい金融業者のホームページや無人契約機を利用して審査の申し込みを行います。最初の審査は仮審査と呼ばれることもあります。審査に通過すると金融業者に書類を提出して、問題がなければローンカードが発行されます。

ローンカードが発行されれば、そのカードを使ってATMやCDからお金を借りることができます。キャッシングによっては、口座への振込という形での融資も可能です。

専業主婦で収入がゼロの場合

専業主婦の場合は、配偶者貸付を行っている金融業者か、総量規制の対象外となっている銀行で申し込みを行います。配偶者貸付を利用する場合のみ、夫の同意書や婚姻関係の証明書などを申し込み時に提出します。それ以外の流れは安定収入がある場合と同じです。

夫に内緒でキャッシングする方法

夫の稼ぎが少なくて生活費が足りない場合や、個人的な買い物などでお金が必要なとき、できれば夫に知られずにお金を借りたいところですね。夫婦であれば、お金の問題は共有できるのが理想ですが、現実にはなかなか切り出しにくいものです。

それでは、主婦が夫に内緒でキャッシングするにはどうすればいいのでしょう。そもそも夫に内緒で借りることができるのでしょうか。夫に内緒でお金を借りるには、次のいずれかの条件が必要です。

  • 安定収入がある
  • 銀行のカードローンを利用する

配偶者貸付を行う場合には、夫の同意書が必要です。このため夫に内緒でキャッシングすることはできません。自分の収入を元にお金を借りるか、総量規制の対象外である銀行のカードローンで借りるかのどちらかになります。

実際に融資を受けられるとなったあとは、金融業者からの郵便物やローンカードの存在から、お金を借りていることがバレてしまう可能性があります。郵便物は必ず自分で回収し、ローンカードなども見つからないように管理しましょう。

それらが難しい場合は、WEB完結で借りられるサービスを利用してください。WEB完結で利用できる金融商品の場合は、郵便物もローンカードもないため、そこからバレることはありません。ただし、滞納などをすると郵便物が送られてきたり、家への電話があったりしますので返済は確実に行ってください。

夫にバレない返済方法

キャッシングの返済方法によっては、その履歴から夫にお金を借りていることがバレてしまうこともあります。例えば、夫婦共有の銀行口座からの引き落としで返済をしていると、その履歴が残ってしまいます。

  • ATMのからの振込み
  • 夫に秘密の銀行口座からの引き落とし

夫に秘密で主婦がキャッシングを返済する方法は、上記のいずれかがオススメです。最も確実な返済方法はATMからの振込です。履歴がまったく残りませんので、きちんと返済を続けていればバレることはまずありません。

ただし、自分で振込をしなくてはいけませんので、忙しいときには返済を忘れてしまうこともありえます。すぐに返済できればいいのですが、何度も滞納を繰り返すと融資を断られることもありますので注意してください。

返済を忘れそうでこわいという人は、夫に内緒で銀行口座を開設しましょう。返済はその口座からの引き落としにしましょう。もちろん返済のためのお金を補充しておく必要はありますが、返済日を忘れてしまっても自動引き落としですので安心です。

こちらの場合は通帳に履歴が残ります。履歴が残るのを避けるためには、通帳のないネットバンクに口座を作ってください。もしくは通帳があっても記帳しないなどの工夫をして、お金を借りた形跡を残さないようにしましょう。

主婦でも借りれるキャッシング会社紹介

主婦でもお金を借りられることは分かっても、どのキャッシング会社を利用するのがいいのか、その判断ができないという人もいるかもしれません。ここではそんな人のために、主婦でも借りられるキャッシング会社を紹介します。

プロミス・レディースキャッシング

  • 金利:年4.5~17.8%
  • 融資限度額:500万円

プロミスのレディースキャッシングは、女性のためのカードローンです。主婦でも安定収入がある場合に利用することができます。融資資金の使途は生活費に限られるなどの制限はあるものの、女性専用ダイヤルを設置するなどの借りやすい環境が整えられています。

また、30日間の無利息サービスなどもあり、初めてプロミスを使う場合は30日間だけ利息0円でお金を借りることができます。返済方法も選べますので、夫に内緒で返済することも可能です。

アイフル・SuLaLi

  • 金利:年18%
  • 融資限度額:10万円

アイフルの女性向け商品です。融資限度額が10万円に設定されていますので、借り過ぎを防ぐことが可能です。10万円の融資では少なすぎると思うかもしれませんが、生活費の補填であれば、実際に利用するのは毎月1~2万円くらいですので問題ないはずです。

パートやアルバイトなどの安定した収入が必要ですが、融資額が低く設定されていますので審査の通りやすさも期待できます。ローンカードもオシャレなデザインで、消費者金融のローンカードに見えないという特徴もあり、WEB完結できることも含めて、夫にバレにくい商品です。

みずほ銀行カードローン

  • 金利:年3.0~14.0%
  • 融資限度額:1000万円

みずほ銀行は総量規制の対象外ですので、年収に関係なく融資してもらえます。このため、専業主婦でも夫に安定した収入がある場合に限りお金を借りることができます。とても金利が低くいというメリットもありますが、審査は簡単ではありません。

また、夫の収入を利用して借り入れをする場合は融資額が30万円までとなるため、高額な借り入れをすることはできません。このため、大きな買い物をする場合になどにはあまり適していません。とはいえ生活費に使う分には30万円でも十分ですよね。夫のステータスが高い人にオススメの商品です。

楽天銀行・専業主婦専用カードローン

  • 金利:14.5%
  • 融資限度額:50万円

楽天銀行のカードローンは、専業主婦専用の申し込みページが用意されています。融資限度額は50万円で、なおかつ14.5%と低めの金利で融資を受けることができます。楽天銀行はネットバンクですが、コンビニATMも利用可能で、全国どこでも借り入れや返済できます。

利用することで楽天スーパーポイントを進呈され、もちろん年会費や入会金などは発生しません。残高照会や、インターネットキャッシングなどを専用サイトで行うことができ、明細もWEB完結可能ですので、夫にバレずにお金を借りられます。

キャッシングの審査基準

初めてキャッシングをするときには主婦に限らず、誰もが審査を受けなくてはいけません。そんなときに気になるのが審査基準ではないでしょうか。自分が審査基準を満たしているのか、できれば審査を受ける前に知りたいですよね。

基本的な考え方としては、貸したお金をきちんと返してくれるのか。審査でチェックする項目はこれだけです。このため、パートやアルバイトをしている場合は、勤続年数が重要視されます。仕事を始めたばかりというのでは、安定収入とは言えないため融資を断られることもあります。

できれば、1年以上の勤続年数は欲しいところです。一般的には年収も重視されますが、主婦の場合はそれほど重要ではありません。100万円程度の年収であっても借入額を10~20万円くらいにまで抑えておけば、夫の収入も考慮して融資を受けられることもあります。

配偶者貸付を利用する場合には、自分の収入と夫の収入の両方を審査されます。専業主婦であれば自分の収入がありませんので、夫のステータスだけが審査の対象です。この場合は勤続年数だけでなく、勤め先の規模や安定性も審査対象になり、公務員のような安定した職についていると融資を受けられやすくなります。

主婦がキャッシングを使う上での注意点

主婦がキャッシングをするときに、いくつか気をつけたい注意点がありますので、最後にそれらについて紹介をしておきます。

  • お金を借りる前に夫に相談する
  • 自分の収入に見合った金額で融資を受ける
  • 返済計画をきちんと立てて利用する

まず、お金を借りる前にしておきたいのは、夫に相談することです。それぞれの家庭で事情が違うと思いますが、可能であれば夫に内緒でお金を借りるのではなく、きちんと相談をした上でお金を借りたほうが、後々のトラブルを回避できます。

夫に相談できない場合は、確実に返済できる額までの利用に抑えておきましょう。借りる前には必ず返済計画を立てて、ムリなく確実に返済をしていきましょう。お金を借りたら返さなくてはいけません。当たり前のことですが、借りるときはそのことをついつい忘れてしまいます。

借入額は自分の収入の1/3が最大ですので、多少の余裕を見て年収の1/4くらいを上限に考えておきましょう。専業主婦の場合は夫の収入から返済していくことになりますので、家計の収支をきちんと計算して、月々の返済が生活を圧迫しないように注意してください。

夫に内緒でお金を借りたいという人は、滞納は絶対に避けなくてはいけません。自分の収入や夫の収入をしっかりと把握した上で、収入に見合った借入額を検討してください。

まとめ

主婦でも借りられるキャッシングについて紹介してきましたが、いかがでしょうか。パートやアルバイトでも安定収入さえあればお金を借りることはできますし、専業主婦でも夫の収入が安定していればお金を借りることができます。

ただし、借りられる金額はそれほど多くはありません。安定収入がある場合は、年収の1/3が融資額の上限で、夫の収入を利用して借りる場合は、30万~50万円くらいが融資してもらえる額の上限です。

夫の同意がある場合に限っては、配偶者貸付を使うことでもっと高額なお金を借りることができますが、夫に内緒でお金を借りたい場合には、配偶者貸付でお金を借りることはできません。なおかつ、夫にバレないようにATMからの返済にしたり、内緒の銀行口座を作ったりする必要があります。

お金を借りる場所としては、安定収入がある場合は消費者金融の女性向け商品がオススメです。夫の収入を利用して借りる場合は、総量規制の対象外となっている銀行のカードローンを利用しましょう。

できれば夫と相談してお金を借りるのが理想ですが、それが難しい場合は、滞納を発生させないようにムリのない額での借り入れを心がけて、毎月コツコツを返済していきましょう。

ページの先頭へ