キャッシング枠とショッピング枠の違いは?

キャッシング枠とショッピング枠

ネットショップの利用や海外旅行などでは、クレジットカードがないととても不便な思いをします。そのため、社会人になってすぐにカードの申し込みをする人も多いはず。そんなときに気になるのが利用可能枠ですよね。

  • いくらまで買い物ができるの?
  • 申し込みにあるキャッシング枠って何?
  • クレジットカードでお金を借りられるの?
  • キャッシング枠とショッピング枠はどう違うの?

申し込みをする段階で頭をよぎるこのような疑問。ここではそんな疑問を解決するために、クレジットカードの利用可能枠についての基本的な考え方を紹介します。

クレジットカード利用内訳を理解しよう

まずはクレジットカード利用内訳ついて理解することから始めましょう。基本的な利用方法は次の2通りあります。

  • 買い物をした時の支払いを後払いにする
  • お金を借りる

お金を持っていなくても買い物できる。これがクレジットカードの大きなメリットであり、一般的な使い方です。給料日前などで現金も貯金もないけど、どうしても買わなくてはいけないものがあるようなときの利用に適しています。このときの利用可能枠をショッピング枠と呼びます。

これとは別に現金を借りることも出来ます。「本当にお金を借りることができるの?私のカードはお金を借りられないけど」という人もいるかもしれませんが、申し込みをするときに設定しておけば、発行された日から利用可能枠の範囲内でお金を借りることができます。これをキャッシング枠と呼びます。

それぞれの枠についてもう少し詳しく見ていきましょう。

ショッピング枠とは?

商品の購入のために使うことのできる限度額です。設定されている金額まで、ネットショップでの買い物や、実店舗での買い物やサービスなどに利用できます。仮に50万円に設定されていたなら、合計50万円までの買い物に使えます。

キャッシング枠とは?

クレジットカードは買い物での支払いに使用するだけでなく、現金を借りることもできます。その借入限度額を示したものがキャッシング枠です。もちろん銀行や消費者金融で借りた場合と同じように、金利手数料が発生します。このため、利息も含めた返済が必要です。

総枠について理解しよう

クレジットカードには総枠と呼ばれる、「ここまで利用してもいいですよ」という利用可能枠が設定されています。総枠の考え方は次のようになります。

総枠=ショッピング枠+キャッシング枠

ところが、ほとんどのクレジットカードで「総枠=ショッピング枠」となっています。例えば、総枠が50万円で設定されている場合は、50万円まで買い物で利用することができます。「キャッシング枠はどこに行ったの?」そう疑問に感じる人もいるかもしれません。

このようなケースでは、キャッシング枠がショッピング枠に含まれています。とても分かりにくい表現ですが、これはとても重要なことですので、もう少し噛み砕いて説明します。

総枠:50万円
ショッピング枠:50万円
キャッシング枠:30万円

このような利用可能枠の場合は、「50万円のうち30万円までキャッシングで利用してもいいですよ」ということになります。

もし総枠が80万円に設定されていれば、買い物もキャッシングもそれぞれ個別に利用可能枠の範囲内で借りることができます。そうではなく「総枠=ショッピング枠」で設定されている場合は、キャッシング枠が内包されていると考えてください。

利用可能枠はどうやって決まる?

クレジットカードの構成についてなんとなくは理解できたかと思います。それでは次に、利用可能枠の決まり方について説明します。この金額は申し込みをする人が「100万円まで使えるようにして欲しい」と言ってもその希望通りの額に設定されることはありません。

利用可能枠は次の2点によって決まります。

  • クレジットカードそのものの利用限度額
  • 利用者のステータスと信用度

どんなクレジットカードでも利用限度額が設定されていて、それを超えて利用可能枠を設定することはできません。例えば50万円をカードの上限としている場合は、年収が何億円もあるという人でも、このカードで利用できるのは50万円までです。

これとは別に、利用者のステータスと信用度も利用可能枠に影響します。最も重要なのは年収です。収入に見合わない額に設定してしまうと、無計画な買い物などによって返済が滞ってしまいます。

それを避けるために基本的には年収ベースで金額を決めるのですが、勤務先の規模や勤続年数なども考慮してカード会社が審査を行います。初めてカードを作るときには、そのカード会社に対する信用はゼロですので、金額は低めに設定されています。繰り返し利用して、滞納などを起こさなければ信用が上がり、利用可能枠も上がります

利用可能枠を増額する方法

若い人ほど信用もなく収入も少ないため、利用できる金額が低く設定されています。最初はその枠で問題なかった人も、収入が上がるにつれて設定された利用枠では不足することがあります。

そういうときは、クレジットカードの利用枠の増額をします。そのための方法は2通りあります。

  • 信用を上げて自動で増額
  • カード会社に増額依頼

よくあるケースとして、知らないうちに利用枠が上がっていることがあります。特に初めて作ったカードの場合は、信用が全くない状態ですので、初期設定としてとても10万円くらいしか利用できなくなっています。その状態で1年くらいカードを使い続けると、信用が高まり自動で利用枠が増えることがあります。

ところが、すべてのカード会社が自動増額に対応しているわけではありません。自動増額出来ない場合は、カード会社に対して依頼を行います。電話やインターネットから依頼を行い、利用開始時と同じように審査を受けて、問題なければ増額してもらえます。

いずれの場合も重要なのは信用を上げることです。利用した分を遅延することなく返済することで、信用が上がっていきます。何度も「借りて、返して」を繰り返していれば、「この人なら大丈夫」と判断してくれるため、増額してもらえるというわけです。

審査を受ける場合は、収入が上がっていることも重要です。転職などで収入が下がっていたり、転職直後で勤続年数が短くなっていたりする場合には、増額を認めてもらえないこともありますので、自分のステータスに問題がないことを確認した上で依頼しましょう。

利用可能枠を減額する方法

クレジットカードを使っているときには利用可能枠は大きい方が嬉しいものです。ところが、定年で会社を辞めたり、別のカードをメインに使うようになったりしたら、利用可能枠を減らすということをしなくてはいけません。

そのまま放置するという選択肢もありますが、防犯面や使いすぎ防止を考えると、使うことのないカードの利用可能枠が大きいというのは、あまりおすすめできません。さらにキャッシング枠が大きい場合は、ローンを組むときに不利になるため、使わないのであれば0円にしておきたいところです。

利用可能枠を減額したいときは、カード会社のサポートデスクに電話しましょう。WEBサービスを使って変更手続きができるケースもありますが、電話での対応が最もスムーズで間違いありません。「セキュリティを考えて利用可能枠を減らしたい」と伝えてください。

キャッシング枠の利用方法

クレジットカードのキャッシング枠を知っていても、使ったことのないという人が多いかもしれません。ここではどのようにしてお金を借りるのか、その基本的な方法について説明します。

  • ATMやCDでの借り入れ
  • 電話での借り入れ
  • WEBでの借り入れ

一般的な利用方法は、銀行やコンビニなどに設置されているATMからの借り入れです。銀行の預金からお金を引き出す感覚で借りることができます。原則として一括払いでの返済ですが、借入時に返済方法を「一括払い」と「リボ払い」の、どちらにするか選択できることもあります。

ATMが近くにない場合や、家から出られないというような場合には、電話での融資も依頼できます。この方法はあまり知られていませんが、24時間使えることもあり、最短で1分もかからずに銀行口座への振り込みをしてもらえます。但し、振込先の金融機関によってお金を受け取れる時間が異なるので、場合によっては翌営業日の受け取りになる可能性もあります。

電話と同じように、専用のWEBページから銀行口座への振り込みをすることもできます。こちらも1分もかからないため、急ぎでの融資に向いています。スマホからでも振込みができますので、手軽にキャッシングできます。

電話やWEBからの借り入れは、手元に現金が欲しいのではなく、公共料金などの引き落としがあるのに銀行口座の残金が足りないというときにおすすめです。

ショッピング枠の利用方法

ショッピング枠を利用する方法は、それほど難しくありません。買い物をするときにクレジットカードを店員に渡せば、お店の方で処理をしてくれます。初めて利用するときに注意したい点は次の3つです。

  • クレジットカードに署名をしておく
  • 暗証番号を覚えておく
  • 返済方法を伝える

カード会社から送られてきたばかりのカードには署名がされていません。この状態では利用できませんので、到着したらすぐに署名をしておきましょう。サインはローマ字でも漢字でもかまいませんが、利用するときに求められるサインと同じものにしてください。署名を漢字にした場合、海外での使用時も漢字でサインをしましょう。

また、最近ではサインを省いて、クレジットカードの暗証番号を端末に入力することで本人確認をすることがあります。申込時に設定した暗証番号を忘れずに覚えておきましょう。暗証番号がバレると誰でも簡単にカードを使えてしまいますので、誕生日のような分かりやすい番号は避けてください。

クレジットカードを買い物で利用するときには、返済方法を伝えます。「一括払い」「分割払い」「リボ払い」から自分の返済プランに合った方法を選びましょう。返済方法について次項で詳しく説明します。

クレジットカードの返済方法

キャッシングをした場合も、買い物をした場合も、クレジットカードの基本的な返済方法は変わりません。基本となる返済方法と、それぞれの枠での返済の違いについて説明します。

一括払い

一括払いは利用した金額を1回で返済する返済方法です。毎月の締め日までに利用した金額の合計が、返済日に銀行口座から引き落されます。この場合は、ほとんどのカードで手数料はかかりません。締め日と返済日はカード会社によって違います。

分割払い

分割払いは、指定した回数に分けて返済する方法です。10回払いで返済すると、必ず10回で手数料を含めた利用金額の返済が終わります。このため、毎月返済額が変わるのが特徴です。分割手数料はカード会社によって変わります。

リボ払い

よく分割払いと混同されるのですが、リボ払いは毎月一定額を返済する方法で、毎月いくら返済するかは、設定により変更することができます。返済の管理が楽になりますが、完済するまでに時間がかかり、返済手数料が増えてしまうというデメリットもあります。

キャッシング枠とショッピング枠の違い

クレジットカードをショッピングで使用した場合は、一括払いや2回払いであれば利用手数料が発生しません。商品やサービスの価格をそのまま返済します。ところがキャッシングをした場合には金利手数料が発生するため、借りた以上のお金を返さなくてはいけません。

借りてから返済日までの期間が長ければ長いほど、利息が増えてしまいます。この回避方法として繰り上げ返済がという返済方法があります。給料日前日に1万円を借りて、翌日に返済すれば利息は1日分しかかかりません。ショッピング枠でも、リボ払いの場合は繰り上げ返済が可能です。

ショッピング枠現金化って何?

クレジットカードのキャッシング枠では、あまり高額な借り入れができません。利用可能枠よりもお金が必要になったときに、ショッピング枠で買い物をして、その購入したものを売却することで現金を手に入れることができます。これをクレジットカードの現金化、もしくはショッピング枠現金化と言います。

クレジットカードを利用して、50万円のパソコンを購入したとします。ネットオークションなどを利用して、このパソコンを49万円で売れば、1万円の損はでますが、49万円の現金を手にすることができます。

実際にパソコンのようなものを購入するのは労力の無駄ですので、これを効率化しておこなう専門業者もいます。例えば、指定した新幹線チケットを購入させ、業者はそれを元値の8割くらいの金額で買い取りします。利用者は現金を手にすることができ、業者は安値でチケットを手に入れられますので、それを元値の9割くらいの金額で売却して利益を得ます。

現金化は法律面でグレーゾーンと呼ばれるもので、カード会社は会員規約で禁止しています。このため、現金化がバレてしまった場合には、クレジットカードの使用停止などの処置を取られることがあります。お金が欲しいときにはついつい使ってしまいそうになりますが、規約違反になりますので、現金化は行わないようにしてください。

まとめ

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠について紹介してきましたが、その仕組や関係性については理解できたでしょうか?

  • キャッシング枠はショッピング枠の一部
  • 利用可能枠はステータスと信用によって決まる
  • 収入と信用が上がれば利用できる金額が大きくなる
  • キャッシングでの利用は利息の返済がある

ここで紹介した重要なポイトは上記の4点です。クレジットカードは買い物に使うものですが、数十万円くらいであればお金を借りることも出来ます。ただしキャッシングを行うと、返済するまでショッピング枠が減ってしまいますので気をつけましょう。

また、買い物で使った場合は、分割払いやリボ払いでなければ手数料が発生しませんが、キャッシングの場合は利息が発生します。繰り上げ返済などを使って、早めに返済するようにしましょう。また、どれだけお金に困っても、現金化はしないように注意してください。

ページの先頭へ